広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2015/01/31

【平成27年】 相続税制の改正②

相続税の税率も今年1月1日から改正され、従来の6区分から8区分に変わり、最高税率が50%から55%に引き上げられました。

この改正により、取得金額が2億円超の人にとっては増税となります。

まず取得金額が2億円超、3億円以下の場合、従来であれば税率は40%(控除額1,700万円)でしたが、改正後は45%(控除額2,700万円)にアップしました。

次に3億円超、6億円以下の場合、税率は50%で変わりありませんが、控除額が4,700万円から4,200万円に縮小しており、そのぶん増税となります。

そして6億円超の場合は改定された最高税率の55%が適用されます(控除額7,200万円)。

このように高額の資産がある場合は、相続税が増税となりましたので注意が必要です。



2015/01/30

【平成27年】 相続税制の改正①

今年(平成27年)から相続税に関する税制がいくつか変わりましたが、その中で最も大きな変更点が「基礎控除の縮小」です。

基礎控除とは相続税の計算の際に遺産総額から差し引かれる額で、相続財産がこの基礎控除よりも小さければ相続税は掛かりませんが、この基礎控除が今年から従来の60%に縮小されました。

具体的には下記のように変わりました。

<改正前>
5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

<改正後> 平成27年1月1日~
3,000万円+600万円×法定相続人の数

つまり法定相続人が配偶者と子ども2人の合計3人の場合、従来であれば相続財産が8,000万円までは相続税が掛かりませんでした。

これが今年1月1日から相続人が3人の場合の基礎控除は4,800万円になります。ということは自宅の土地や金融資産などで相続財産が6,000万円の場合、昨年までなら相続税が掛からなかったのに、今年からは相続税が掛かることになってしまいます。

このように基礎控除の縮小によって相続税の課税対象になるケースが増えます。従来、相続税の課税対象になるのは全体の4%程度でしたが、見込みではこれが1.5倍の6%程度になるとも言われています。

特に相続財産で一番大きな割合を占める土地をたくさん持っている人、あるいは所有する土地の評価額(相続税においては路線価)が上がっている人は注意が必要です。すでに相続税対策を実行している人も見直してみた方がよいかもしれません。
 

2015/01/26

上海家族旅行2015 ⑨


帰りのフライトは夜なので、チェックアウトの手続きをしてスーツケースだけホテルに預かってもらい、この日もまた歩いて外に出掛けました。


すっかり見慣れた浦東の摩天楼の景色。



大晦日に外灘で大きな事故があったので自粛していたのか、夜のライトアップを見ることができなかったことだけが残念でした。


和平飯店(Fairmont Peace Hotel)もいつか泊まってみたいです



上海の街を歩いていると、色んな様式の建築物があって面白いです。



南京東路のアップルストア。週末は大勢の客で賑わっていました。


この日も南京東路から地下鉄に乗ります。


地下鉄で行ける水郷「七宝」に来ました。



前回は「ミッション:インポッシブル3」の舞台になった水郷「西塘」に行きましたが、西塘に比べてもこじんまりとした水郷です。でも雰囲気はあります。



月曜日の午前にも関わらず、小吃(中華の一品料理)のお店が立ち並ぶ通りは人で溢れていました。



色んな小吃が売られていて活気に満ちています。




上海では至る所で見掛けるサンザシ飴。サンザシだけでなくイチゴもあるようでした。


江南地方の名物「叫化鶏」(乞食鶏)もよく見掛けました。


ウズラ卵もどっさり。


七宝でおそらく一番フォトジェニックなスポット。


石橋の向こうに塔が見えます。


家族の記念写真も。



その後たまたま通りかかった茶館が雰囲気よさそうだったので入ってみることにしました。



やさしそうな雰囲気の女性店員さんが2階に案内してくれました。


窓辺の席に座って茉莉花茶(ジャスミンティー)をいただきました。




川沿いなので窓からの眺めもいいです。



お茶はポットに入って60元。注ぎ足し用のお湯も大きなポットで用意してくれるので、おかわりも沢山できました。味もおいしかったです。



雰囲気、値段、味を総合的に考えると、今回の旅で一番満足のいくお店だったかもしれません。たまたま通りかかっただけですがよかったです。



地下鉄を乗り継いで南京東路まで戻ってくると、少しお腹が空いてきたので地下鉄出口のそばにあったお店に入りました。


魯肉飯2つと、云呑(ワンタン)と香酥大排(トンカツのようなもの)の定食を注文しました。




食事を終えるとホテルで荷物をピックアップして、タクシーで龍陽路駅へ。



往復チケットを買っていたので帰りもリニアで空港へ。



あっという間に空港に到着。



3日間なのであっという間でしたが、中国本土は初めてだった家族も上海は良い印象を抱いたようです。中国、韓国に関しては最近特に先入観や偏見、あるいは悪意に満ちた情報が沢山ありますが、息子にはそういうものに流されない人間になってほしいと願っています。



帰りのフライトは出発が少し遅れましたが、大きなトラブルはなく無事日本に帰ってくることができました。関空を出たのが23時で、それから車で福山まで帰るのは若干疲れましたが、短いながらも楽しい旅でした。