広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2015/10/23

南座 特別舞台体験


四条大橋のたもとで存在感を放つ南座。8月に「夏休み特別舞台体験」に参加しました。


7月30日~8月11日の期間中、1日7回開催されていました。所要時間は約30分でチケットは1,000円でした。


まだ一度も歌舞伎を生で観たことはなく、南座も目の前はよく通るけど中に入ったのは初めてでした。



歌舞伎は1603年頃に出雲大社の巫女「阿国」(おくに)が京都で念仏踊りを興行したのが初めとされており、元和年間(1615~1623年)にできた櫓の一つである南座は日本最古の劇場なのだそうです。


見学時間になると集合場所に集まり、劇場内に案内されます。現在の南座は昭和4年に竣工した建物ですが、内部は平成3年に全面改修されているようです。でもさすが趣と風格が感じられる劇場です。




まず説明を受けたのは花道の入口。役者さんが覗くための穴が開いています。



そしてその花道を歩かせてもらって舞台へと移動します。



舞台に立って客席を眺めると、思った以上に照明が眩しかったです。



舞台ではまず舞台が回転する「廻り舞台」を体験した後、次は2グループに分かれて舞台が上下する「迫り」の体験です。


舞台がどんどん下がっていきます。


この下がった底が「奈落」です。南座は3mほどで浅いですが、歌舞伎座は10mほどあるのでなかなか一般の人は体験できないそうです。


もう一方のグループは逆に舞台が上がっています。



一旦元に戻って交替です。


こんどは上がっていく舞台を体験しました。



壮観な眺めです。


迫りの体験が終わると、幕が下ります。幕の裏に「火の用心」とあるのは明治時代に芝居小屋の火災が頻発した戒めなのだそうです。そして劇場内の照明が消され、真っ暗になった後、幕が上がって一斉にライトを浴びるというまさに歌舞伎役者になった気分が味わえる演出をしてくれました。


これで舞台の体験は終わりで、あとは自由に見学ができます。



趣のある階段を上がって3階席から劇場内を見渡してみました。




そして最後に舞台道具の見学。実際に乗ってみることもできますが、一人なのでそれはしませんでした。この「特別舞台体験」は春休みと夏休みに期間限定で開催されるようですが、なかなか面白い体験でした。



0 件のコメント: