広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2015/10/09

沖縄家族旅行2015 ⑥


知念岬を出発すると、こんどは奥武島へ。短い橋で本島とつながっている小さな島です。ここには「中本鮮魚てんぷら店」の天ぷらを食べに来ました。



さかな、いか、ウィンナーなどのほか、もずく、アーサ、グルクン、ウムクジと沖縄らしいメニューもありますが、ほとんどが65円とリーズナブルです。


そしてこのお店の目の前の海がとてもきれいで、楽しそうに飛び込んだり、泳いだりしている地元の子ども達を見ていると我慢できなくなった息子はシャワーもないのに水着に着替えて海に入ってしまいました(笑)



息子が楽しんでいる間に自分がてんぷらを買って、お店の脇のテーブルで食べました。



もずくの天ぷらはけっこうなボリューム。どれも素朴なおいしさの天ぷらでした。



天ぷらを食べた後は、ここも毎回来ている「おきなわワールド」へ。お目当てはエイサーのショーですが、今回ショーの観客の殆どが中国語圏のお客さんでした。最近は日本中どこでも珍しくない光景ですが。

※スーパーエイサーは上演中撮影不可



エイサーショーを観た後は琉球王国城下町を少しだけ散策。



 この後も予定を組んでいたので足早におきなわワールドを出ると、向かいの「ガンガラーの谷」の入口にあるケイブカフェで少し休憩。



涼しい洞窟の中でほっと一息つきました。




それから那覇方面に戻って首里城へ。



暑くて汗が止まりませんが、景色はきれいでした。




正殿に到着。ここも沖縄に来た気分が高まる場所です。




国王が座る玉座の「御差床」(うさすか)。


さんぴん茶を買って飲みましたが、さんぴん茶がジャスミンティーだとは知りませんでした(笑)



息子が正殿よりも楽しみにしていたのは「守礼門」。夏休みの宿題で守礼門が2千円札の絵柄になっていると調べていたので、それを見たかったそうです。



最後に向かったのは国際通り。



そして市場本通りのアーケードに入って「牧志公設市場」へ。



市場の中は混然としていて、様々なものが売られています。



こんなものもありました。自分たちは見るだけですが、義父は「チラガー」(豚の顔の皮)を買っていました。


その後は魚屋さんに行って魚選び。珍しい魚ばかりでよく分からないので、お店の人に聞きながらきれいな赤っぽい色した「アカマチ」という魚と、エビが美味しそうだったので「ウシエビ」、あと確かもう1匹別の魚を選びました。



この市場で買った魚を2階の食堂で調理代を支払って調理してもらう「持ち上げ」というシステムを体験してみました。調理してもらったのは「道頓堀」というお店。自分で選んだわけではなく、魚を買ったお店の人に案内されました。


まずお造りから。お造りは市場で買った魚だけでなく、サービスで他の魚や海ブドウも付いていました。サービスが付くことは魚を買う時点で説明されたので、魚屋と食堂の間で集客のための合意があるのでしょう。


ウシエビは塩焼きで。プリップリで噛みごたえがありました。



アカマチも塩焼きだったかな。アカマチは浜鯛という魚で高級魚のようです。確かに旨味があっておいしい魚でした。


味噌汁も魚たっぷりでいい出汁が出ていました。どれも美味しかったし、魚を選ぶ楽しさもあったのですが、値段はお得感がありませんでした。いわゆる「ツーリストプライス」だと思います。なので一度体験したから、次もし沖縄に来ても「持ち上げ」はいいかなーというのが正直な感想です。。



これで今回の旅程は全て終えたので、レンタカーを返却して那覇空港へ。国内線ターミナルで少しお茶してからLCCターミナルに移動。



搭乗前に小腹が空いたので、今回の旅行中に食べる機会がなかったタコライスを食べました。




フライトは予定とおりで無事関空に戻りました。1日目だけ天気が残念でしたが、2日目、3日目は最高の青空で、沖縄らしい沖縄を初めて味わうことができました。過去2回の沖縄旅行は記憶に残っていない息子も、きっと今回の旅行は覚えていてくれるでしょう^^



0 件のコメント: