広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2015/01/25

上海家族旅行2015 ⑧


2泊目の宿泊先は前日の浦江飯店(Astor House Hotel)の道を挟んだとなりにある上海大厦(Broadway Mansions Hotel)。ここも前回一人で上海に来たときに泊まったホテルです。


1934年に高級アパートメントとして建てられた上海を代表するアールデコ建築で、今でも外白渡橋のほとりで存在感を放っています。


かつては「東洋のマタハリ」、「男装の麗人」などと呼ばれた川島芳子愛新覺羅顯玗)が常宿としたり、一時は日本軍が接収して軍機関を置いた歴史もあるホテルです。


ロビーは広くなく、ゴージャスな装飾もなくて、アパートメントであった名残を感じさせるような雰囲気です。


エントランス右手に外白渡橋側の道路に面したロビーラウンジがあります。


フロントデスクも控え目な佇まい。



ロビーには古いピアノが展示されていました。このホテルの"Four Treasures"(4つのお宝)の一つだそうです。


エレベーターはルームキーのカードをかざさないと宿泊階に行けません。セキュリティはしっかりしてそうです。



午前10時過ぎに浦江飯店をチェックアウトして、荷物だけ預けるつもりでこちらのホテルに来たのですが、すぐに部屋を用意してくれました。10階から上がエグゼクティブルームになっていて、アサインされたのは10階の部屋でした。


部屋に入ります。


前日の浦江飯店の部屋ほど広くはありませんが、清潔で落ち着いた雰囲気の部屋です。


前回一人で宿泊した時と同じ「エグゼクティブリバービュー(キング)」の部屋を予約しましたが、内装の雰囲気は違いました。前回はヨーロピアンテイストなインテリアでしたが、今回はよりシノワズリな雰囲気でした。



コンパクトな部屋なので、デスク、テレビ台、一人掛けソファが片側に並んでいます。




ミニバー。中国茶のセット(有料)も置いてありました。



バスルームもとても清潔でした。



シャワーブースもあります。



このホテルがいいのは何と言っても窓からの眺め。リバービューの部屋からは湾曲した外灘を一望することができます。周恩来はこのホテルのテラスからの眺めを気に入って、ポンピドゥー仏大統領らを連れてきたそうです。その当時はなかった浦東の高層ビル群も一部見えます。


外灘の歴史的ビル群。


こちらはもう少し西側の眺め。手前の川のほとりの洋館は蜷川実花プロデュースのカフェ"SHANGHAI ROSE"になっている建物。遠くには人民広場近くのロイヤルメリディアンのビルが見えます。


この部屋でもセルフタイマーで記念写真。


夜は一人でホテル内の"British Bar"に行ってみました。


壁一面に絵や写真や備品など色々なものが展示されていました。


天井の木製の装飾もクラシックな雰囲気を引き立てます。


カクテルは1杯60元ほど。しかしバーテンダーの女性はプロではなく、オーダーするとレシピブックを見ながら作っていました(笑)


もう一人のスタッフはトルコの政府機関で働いているという客とスヌーカーをしていました。「一緒にどう?」と誘われましたが、下手クソなので遠慮しました。。ちなみにこのアンティークのスヌーカーテーブルもお宝の一つだそうです。


3日目の朝は滞在中で一番空気がクリアでした。浦東のビルの向こうから太陽が昇ってきれいでした。


朝食は2階のレストラン"Belle Vue"で。


明るい雰囲気のレストランです。




バッフェのメニューも豊富でした。



パンのコーナー。



エッグステーションでオムレツを作ってもらいました。となりでヌードルも。


レストランは細長い造りで、全てのテーブルが窓側に並んでいます。



こんな感じで色々食べました。


かっぱ巻きだけは味がなくご飯も硬くてダメでしたが、そのほかはまずまずの味。オムレツとカップケーキ、あとフルーツが美味しかったです。


0 件のコメント: