広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2014/10/19

イル・ギオットーネ


誕生日の翌日、妻と二人で記念日ランチに行ってきました。向かったのは八坂の塔のすぐとなり、京都でイタリアンといえば必ず名前が挙がる有名な笹島シェフのお店『イル・ギオットーネ』です。



まずはスパークリングワインで乾杯。



テーブルの中央に置かれているのはグリッシーニです。


前菜の一品目「タルタルのプチシュー」。


見た目のとおりプチシューですが、甘くはありません。赤いのは赤ピーマンの色だそうで、指でつまんでパクっといただきました。


二品目は「殻入りグアンチャーレで巻いた帆立 安納芋のクレマ クスクスと『ヴァニラの泡』」。


帆立は肉厚でぷりっぷり。カスタードクリームのように甘いソースとグアンチャーレの塩味が絶妙に絡み合います。


前菜三品目は「サーモンと茄子のパリパリパート包み リコッタエスプーマと自家製イクラのサラダ」。


洋風の春巻きのような一皿。意外と食べ応えがあります。


前菜の途中に運ばれてきた木の箱の中にはフォカッチャとパンが。冷めないように箱の底には熱い石が置いてありました。


パスタは「アナゴの天ぷらとごぼうのリングイネ 京七味 ボッタルガ」。パスタの皿がテーブルに置かれた後、何やら袋を渡されました。


その袋を開けると・・・


中からアナゴの天ぷらが出てきました。


瞬間スモークしてあって、袋を開けるとフワッと香りが広がりました。お皿が出てきたときは「どこにアナゴが入っているんだろう・・・?」と思いましたが、こういうことでした。


メインディッシュは「カリカリに焼いた鴨モモ肉 新小芋 あんず茸 トランペットのピュレ トリュフ風味で」。


トリュフがふりかけられた贅沢な一皿。お腹いっぱいになりました。


デザートはティラミスとミルクのジェラート。



「もしイタリアに京都という州があったら」というのがこのお店の料理のコンセプトだそうですが、まさに京都らしさを取り入れた独創的な料理の数々を堪能させてもらいました。幸せなひとときでした。

0 件のコメント: