広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2014/08/03

タイ家族旅行2014 ⑤


2日目は朝からバンコクの観光へ。ホテルの船着き場からも前の晩にスカイバーに行ったステートタワーがよく見えます。


まずはホテルのシャトルボートでサトーンのセントラルピアへ。


セントラルピアでチャオプラヤエクスプレスのオレンジラインに乗り換えて、ター・ティアンに向かいます。


お客さんが多いので立ちっぱなしでした。料金は船の中で集金のおばちゃんが回ってきて支払いました。一人15バーツです。


茶色く濁ったチャオプラヤ川を快適に進んでいきます。



ターティアンの船着き場に到着。ここでボートを降りて、今度は対岸のワット・アルンに向かうボートに乗り換えます。こちらは3バーツ。日本円で10円ほどです。


三島由紀夫の「暁の寺」で有名なワット・アルン。


船を降りると変身写真の案内があったので、妻と息子が体験してみました。


好きな色の衣装を選ぶと、手際よく衣装を着せてくれます。


変身完了!


店のおばちゃんがポーズを指示してくれて、自分のカメラで写真を撮ります。途中からおばちゃんにカメラを奪われて、おばちゃんが写真も撮ってくれましたが(笑)



その後小雨が降ってきたので、結局ワット・アルンは外から眺めるだけで引き返しました。


再びボートに乗って向こう岸に戻ると、思った通り雨も止んで、こんどはワット・ポーに向かいました。



ワット・ポーといえば黄金に輝く巨大な涅槃仏。


回廊を歩きながら柱の間から涅槃仏を眺めます。



一番端まで行くと涅槃仏の全体が見えます。長さが46m、高さが15mあるそうです。


足の裏も巨大です。


その足の裏には仏教の108の世界観が描かれています。


そしてこんどは涅槃仏の背後へ。


20バーツ払ってお賽銭のコインを受け取ります。



お賽銭を入れる釜が108つ並んでいるので、1つずつお賽銭を入れていきます。全てにお賽銭を入れると願いが叶うと言われているそうです。


108の釜全てにお賽銭を入れると願い事をして、涅槃仏の後頭部を眺めてから外に出ました。



ワット・ポーの拝観料は100バーツですが、拝観券の半券でミネラルウォーターを無料でもらえます。



ワット・ポーで思い出すのは13年前に妻と二人でバンコクに来たときのこと。夜にトゥクトゥクでバンコクの街をドライブしてもらったときに、拝観時間は終わって警備員しかいないワット・ポーに何故か入れてもらったことがありました。暗くて人気のない境内で、うっすらと明かりに照らされた寺院は幻想的であり、若干不気味でもあったのですが、とても印象に残っています。なぜ入れてくれたのか謎ですが・・・。



涅槃仏の印象が強いワット・ポーですが、境内は広くまさにタイっぽい仏塔がたくさん立ち並んでいます。




本来ならワット・アルン、ワット・ポーに加えて、ワット・プラケオ(エメラルド寺院)がバンコクの三大寺院ですが、ワット・プラケオもすごく広くて疲れるのと、妻と自分は行ったことがあるので、この時点で既に疲れ気味(飽き気味?)で、「早くホテルに帰ってプールで遊びたい」という息子の様子を考慮して観光はここまでにしました。


0 件のコメント: