広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2014/07/15

進路選択はよく考えて

読売新聞によると、AO(アドミッション・オフィス)入試で合格した学生のうち、6人に1人にあたる15.5%が退学していたことが「大学の実力 教育力向上の取り組み」調査でわかったそうです(読売新聞7月9日配信)。

AO入試は学力試験では測れない意欲や資質を重視して入学者を選抜する入試形式で、最近はこのAO入試や推薦入試の割合が非常に高くなっています。また、AO入試や推薦入試は一般入試よりも早く行われるので、進路決定のタイミングが早いという特徴もあります。

「学力だけが大切なわけではない」というのは確かにそうだと思いますが、少子化で定員割れの大学が増えている中、なるべく早く入学生を囲い込みたいという学校側の事情と、AO入試や推薦入試の場合はあまり勉強しなくても楽に進学できるという認識が生徒側にあるのも事実です。

そしてこの楽に進学できてしまうということが、高い退学率に関係しているのではないかと思います。苦労して手に入れたものは大切にするけど、安易に手に入れたものは粗末にしてしまうということは子どもに限らず誰しも思い当たることがあるのではないでしょうか。

もちろん退学率は大学によってもバラツキがあるでしょうし、AO入試がダメということでもありません。大切なのは入試形式よりも目的意識を持って進路を決めているかどうかだと思います。AO入試であってもきちんと目標を設定して、その目標に向かうためにAO入試という「手段」を選んだのであればそれはそれでいいと思います。

とまぁ楽な推薦入試で大学進学した自分も今になってみれば思うわけですが、学校を選ばなければ誰でも進学できる今の時代だからこそ、より学校選びが重要になっていると思いますし、進路選択を真剣に考える必要があると思います。

それから上述のとおりAO入試はタイミングが早いので、10月には進路決定するということが珍しくありません。そうすると入学金もそのタイミング(合格発表後2週間前後)で納めないといけない場合が多いので、「いつまでに」、「いくら」必要かという進学資金のプランニングもしっかりやっておく必要があります。

 

0 件のコメント: