広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2013/10/31

イタリヤ軒


松山での夕食は二番町にある昭和28年創業の老舗レストラン『イタリヤ軒』へ。


店頭のサンプルディスプレイ。大きなステーキ肉が目を引きます。


でも2階で提供するステーキは高級なので、1階で手頃な洋食を。。


注文したのはAランチ。ランチだけど夜も注文できました。まずはポタージュから。


その後、ライス、サラダ、ビーフシチュー、そしてメインのプレートが出てきました。


サラダはシンプル。


ビーフシチューは濃厚で、甘味の中に苦味が効いていて奥深い味。絶品でした!


メインはエビフライ2本とポークピカタ(肉or魚の選択)。手作りのタルタルソースが昔ながらの洋食屋さんらしい味でした。どれも美味しくて大満足!


これで1200円はお得。松山に行かれることがあればおすすめです!


道後温泉 宝荘ホテル


ほぼ1年ぶりの愛媛出張で道後温泉の宝荘ホテルに宿泊しました。


古いホテルのようですが、部屋は清潔に保たれていて古さが気になることはありませんでした。スタッフの方の印象もよかったです。


チェックイン後さっそく屋上の展望風呂へ。


宿泊客専用の足湯があります。こちらは男女兼用。


その奥の露天風呂は男女入替制。夕方~夜が男性、翌朝が女性でした。3階にも露天風呂のあるお風呂があり、そちらと入替です。地下にも大浴場があって、そちらは男女別々に浴場があるのでいつでも利用できました。


誰もいなかったので、夕日を眺めながら露天風呂を一人占めして、ゆったりと道後のお湯に浸かりました。


風呂から上がると夕食を食べるために外へ出掛けました。


道後商店街を抜けて道後温泉駅へ。



懐かしい路面電車に乗って大街道へ向かいました。


レストラン、バー、カフェと3軒お店をハシゴして、21時頃にホテルに戻りました。そのあとはもう一度お風呂に入って、部屋で翌日の仕事の準備。色々構想を考えていると、結局深夜2時を回ってしまいました。。



翌朝もまずは目覚めの風呂へ。やっぱり露天風呂が気持ちいいです。


そして朝食。しっかり食べて(食べ過ぎて・・・)、仕事へ向かいました。


2013/10/28

第3回「つくえ、つくろう。」 1日目


今年もはじまりました、「つくえ、つくろう。」!

今回は6組のご家族にご参加頂くことになり、土曜日に開催した1日目の見学ツアーにはどうしても都合が合わず参加できなかった1組を除く5組のご家族が参加されました。しかも今回は京都からのご参加も!初の県外からの参加者です!3年目にしてここまで広がって本当に嬉しいです。


今年は府中市内の羽高湖畔の森で、森林組合さん、そして山の地主さんのご協力を得て、木の伐採を見学させてもらいました。森林組合の方に木についてや日本の森林の現状についてお話して頂きながら、目の前でひのきの木を切り倒してもらいました。日常では目にすることのない光景に、子どもも大人も興味津々。切り倒した後は、生の木の香りを嗅いだり、年輪の数を数えたり。


伐採見学の後は、湖畔でピクニックランチ。みんなで一緒にお弁当を食べていると、森の博士キッコリーが登場(笑)子ども達に自然の循環や森の木の大切さを分かりやすく話してくれました。


ランチを終えると山を下りて、府中市内の製材所へ。さっき山で切ってもらったひのきの木を、目の前で製材してもらいました。製材所に置いてある乾燥材と比べると、切ったばかりの木はまさに「生」。水分が全然違います。そんなこともこうして体験しないと分からないことなのかもしれません。



そして最後は家具工場へ。最終製品を作る工程を見学させてもらった後、穴あけの機械を子ども達に操作させてもらって、ひのきのプレートを作らせてもらいしました。



今はお店に行けば何でも手に入る時代で、子ども達は(大人もですが)お店で完成したものばかり目にしていますが、あるものが完成するまでには様々な過程があり、その各過程において頑張って働いている人がいること、そして人間の生活の根本には自然があることを知ってもらいたいという思いが、この初日の見学ツアーには込められています。

ちなみに今回のツアーは広島テレビさんが同行取材してくれました。10月30日(水)16時50分からの「テレビ派」という番組内で放送予定とのことです。
 

2013/10/20

為楽庵

昨日は広島市内の高校で高校1年生の保護者を対象に、進学資金の講演をさせて頂きました。毎年ご依頼を頂いている高校ですが、今回もアンケートの感想を拝見すると高評価を頂いていて安心しました。特に「参考になった」、「分かりやすかった」といったご意見だけでなく、実際に行動を起こそうとする言葉が多かったことが嬉しかったです。参考になる情報を、分かりやすくお伝えすることはもちろん大切なことですが、最終的にはその情報・知識をもとに具体的な行動に移してもらうことが重要だと考えています。今後ももっと行動に結びつくようなお話ができるように頑張ります。


その講演前に牛田の住宅街にある「為楽庵」でランチを頂きました。今年発行されたミシュランガイド広島版で一つ星が付いた蕎麦屋です。講演業務でお世話になっている蕎麦好きのNさんも太鼓判を押していたので行ってみました。


開店直後だったからか自分の他には1組お客さんがいただけでした。静かですっきりとした設えの店内はまるでギャラリーのようです。


テーブルのメニューを見て、「さらしなごのみ(ナッツ風味だし)」というのも気になりましたが、今回は「鴨入りひやしたぬき」を注文しました。


丼の中の蕎麦の上に天かす、大根おろし、かいわれ、削り節、そして鴨肉が盛られていて、つゆをかけていただきます。


コシがあって香り高い蕎麦と甘みのある鴨肉が最高でした。最後の蕎麦湯も美味しかったです。


次は「さらしなごのみ」か、「鴨ざる」を食べてみたいです。
 

2013/10/19

Travel Lovers Club Vol.2


ASH会主催の旅行好き交流会"Travel Lovers Club"のVol.2を先日開催しました。会場は福山市箕島町のカフェ「風の時計」さん。海が見える眺めのいいカフェですが、2階にはプロジェクター、スクリーンが配備された広い個室があります。以前、講師交流会でも使用させて頂きましたが、今回もこちらをお借りしました。使用料も部屋の充実度からすると破格で(但しワンドリンク制)、個室からも上の写真のような絶景が臨めます。

この会はただ単純に旅行好きが集まって(旅行経験が豊富な人もいれば、これから色んな場所に行ってみたいという人もいます)、気楽にお気に入りの旅行スポットを紹介し合ったり、旅の情報交換を楽しむことが趣旨です。

今回は9名が参加して、そのうち自分を含む4名が旅の写真をスクリーンに映して発表しました。イギリス、スペイン、アメリカの国立公園、そして自分はアジア(上海、ホーチミン、シンガポール)のクラシックホテルをテーマに紹介しました。

イギリスは学生時代の留学先で懐かしい場所ですし、スペインは行ってみたいのに行けていない場所、アメリカの国立公園はグランドキャニオンは行ったことがありますが、それ以外にもスケールが大きい景色や神秘的な景色を紹介してくれて、どれも興味深く、写真を見ながら話を聞いていると、旅行の疑似体験をしているようで楽しかったです。

旅行は趣味の娯楽ですが、旅行を通じて多様な価値観に接したり、自分の世界観を広げることができます。Vol.3は年が明けてからになりそうですが、次回も楽しみです。
 

2013/10/18

新しいライフプランニングソフト


内藤さんのセミナーを受講した翌日、連休最終日の月曜日は北浜でライフプランニングソフトの研修に参加してきました。

FPはライフプランニングにおいて、「キャッシュフロー表」というものを作ります。企業の財務会計を知っている人なら「キャッシュフロー」という言葉には馴染みがあると思いますが、その名のとおり「お金の流れ」を表にまとめたものです。

つまり人生設計をするにあたって、その設計が単なる絵に描いた餅ではなく、経済的(金銭的)な裏付けがなされているかを確認するものです。一覧できる表にすることによって、お金の流れを可視化し、問題点やリスクを洗い出し、問題があるならば事前に対策を考えることができます。また時間軸が明確になることで、将来の夢や目標に期限を設定して、具体的な行動に落とし込むことが可能になります。

市販のものは高額な割に、自由度が低くて応用が効かなかったりするので、これまでExcelで自作のものを使っていましたが、自由は効く反面、自分のスキルでは機能的に限界があり、もっと充実したものがないかと考えていたところ、今回の研修では経験豊富なFPの方が製作したソフトを提供してもらえる上、そのソフトはExcelで作られているので、ある程度自分でも応用を効かせることができるということで参加しました。

1日かけてソフトの使い方を学びましたが、Excelで作られているので理解しやすく、また実務家の方が経験に基づいて作られているので、なかなか便利な作りになっていました。今後はさっそく使っていきたいと思っています。

ライフプラン作成のご依頼を頂いた場合は、教育資金、住宅資金、老後資金等の資金ニーズとライフイベントを踏まえて、キャッシュフロー表を含むレポートを作成し、リスクの洗い出しと対策の実行、そして目標実現のためのお手伝いをさせていただきます。

ご要望やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

http://www.bingo-fp.com/Pages/price.aspx
 

2013/10/17

日本リスクとリアルアセット投資


先週土曜日は大阪梅田でFP WAVEさん主催のセミナーに参加して、資産運用の勉強をしてきました。講師は元マネックスユニバーシティの内藤忍さん。これまでも内藤さんのセミナーには何度か参加したことがありますし、著書も何冊か読ませて頂いています。「長期・分散・インデックス投資」を広めてこられた第一人者とも言うべき方です。

今回のセミナーで印象に残ったことをいくつか書いておきます。


◎リスクを取らないことのリスク

日本人の資産の8割以上が現預金および保険年金(安定資産)
その大部分が(金融機関を通じて)日本国債で運用されている
リスク資産も外貨建て資産の割合は小さく、円建て資産に集中している
つまり、お金が1ヶ所に流れている

内藤さんも仰っていましたが、バブル以降の「株安」、「円高」、「デフレ」環境においてはこれは合理的でした。しかし、今後も変わらないのか?と問われると、そう考えている日本人は少ないのではないでしょうか。そして、もし円安やインフレの可能性を想定するなら、円建て資産や安定資産に集中し過ぎるのはリスクがあるというのが内藤さんの提言で、これは私も同じ考えです。


◎日本リスク

日本人は「住居」、「教育」、「仕事」、「金融資産」すべて日本に集中
この中で最も簡単に分散できるのが金融資産

東日本大震災、原発問題を経て、「日本リスク」をどこかで感じている人は多いのではないかと思います。経済に目を向けても、人口が確実に減っていく日本において、国内の需要が縮小することは避けられません。ただ、だからといって何か対策をしているかというと、殆どの人は何もしていないと思いますし、いきなり海外に住居や仕事を移すことは現実的ではありません。その中で金融資産だけは、日本にいても比較的簡単に海外に分散することが可能というのはそのとおりだと思います。


◎リアルアセット投資

資産が3000万円を超えるようになると、ペーパーアセットにリアルアセットを組み合わせるという提言もあり、これは以前の内藤さんのセミナーでは聞けなかった話ですが、今は内藤さんご自身が実践されているそうです。

資産3000万円以上というのは一般的にはなかなかハードルが高いと思いますが、そんなに資産がなくて実際にリアルアセットへの投資は考えていない人にとっても参考になるお話はありました。


たとえば内藤さんが投資されているのは海外不動産ということですが、投資先は「知名度が高い世界的都市」や「国際的リゾートエリア」ではなく、「人口流入が予想される成長エリア」ということです。前者の方が安心できそうですが、人気があるということは既に高値が付いている可能性も高くなります。これは一般の株式投資や国内の不動産においても共通することだと思います。


また、海外の場合は日本のように新築へのこだわりがないというのも面白いポイントだと思いました。確かに日本は新築へのこだわりが高いので、「中古」になると極端に価値が下がってしまいます。どう考えても人口が減っていきそうな田舎でも、田畑をつぶして賃貸アパートが次々と建っていたりしますが、そういう場所では建てたときはよくても、それより新しい物件ができると客を奪われたり、家賃を下げざるを得ない状況になるリスクが高くなります。そういうリスクは十分に織り込んでおく必要があると思います。


最後にワイン投資という珍しい話も聞きましたが、面白いと思ったのはワインは同じヴィンテージの供給が増えることはない、逆に消費によって供給が減少するコモディティであるということと、熟成による価値の上昇が期待できるということ。ワインに関しては私は素人で全く分かりませんが、専門家が複数の銘柄を選択して投資するワインファンドなるものもあるそうです。

投資の奥深さとこれからの投資法を考えるきっかけになるようなセミナーでした。
 

2013/10/16

松葉総本店


連休2日目は夕方に梅田で資産運用のセミナーを受講しました。その帰りに立ち寄ったのが、新梅田食堂街にある串かつ専門店の老舗「松葉総本店」。立ち飲みスタイルで、煙草の吸殻も床に捨てて踏みつぶすという今どきなかなかないスタイルのお店です。


角ハイボールを注文して、ひたすら串を食べます。揚がったものを目の前の網に置いてくれますが、欲しいものはオーダーすれば揚げてくれます。


二度漬け禁止のソース。大阪の串かつのソースって、見た目の色ほど味は濃くなくて美味しいですよね。


1本100円からなので財布は気にせず色々食べられて満足でした。



十数本食べてお店を出ましたが、やっぱりご飯ものも食べたくなってきたので、同じ新梅田食堂街の中のカレー屋さん「マサラ」へ。


シンプルだけどコクがあって美味しいビーフカレーでした。


新梅田食堂街はディープな雰囲気が漂っていますが、なかなか楽しいところです。