広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2013/09/26

木育インストラクター


9月22日(土)に府中で「木育インストラクター養成講座」が開催されました。東京、大阪以外で開催されるのは府中が初めてとのことでしたが、府中市内の保育士さんを中心に40名近い方が受講してくれました。

講師は岐阜県美濃市を拠点に木育と環境教育を全国で実践されている『共育工房IPPO』の福島計一さん。講座は木育概論に始まり、スギとヒノキのかけらを紙やすりで磨いて作り上げる「森のカケラのお守りづくり」の実習、「木育プログラムづくり」のグループワークとありましたが、福島さんの人柄と丁寧な解説のおかげで、参加者の集中力も切れることなく、最後まで和やかな雰囲気で進行しました。

これは東京での研修でも聞いた話ですが、国土面積に対する森林面積の割合で日本は世界第3位の森林大国だそうです。1位のフィンランドが72.9%、2位スウェーデンが68.7%、そして日本は68.5%(Global Forest Resources Assessment 2010)。しかし、多くの日本人は日本が世界3位の森林大国という意識は持っていないのではないでしょうか。自分も知りませんでした。

また講座で印象的だったことの一つは、子どもが心地よく感じる素材の第1位が人肌で、第2位が木であるということです。木が人の心に与えるポジティブな効果は色々と実証されてきているようですが、私はほとんど知識がありません。でもそんなド素人の自分でも、木に触れると不思議と心地よさを感じます。

これから府中で木育を推進し、府中発の木のおもちゃブランド「木たす」を全国に展開していこうとしていますが、今回これだけ沢山の木育インストラクターが府中で誕生したことは、とても心強く、素晴らしいことだと思います。

11月23日、24日には、東京おもちゃ美術館から大量の木のおもちゃがやってきて、「木育キャラバン」を府中で開催しますが、これからよりいっそう木育の輪を広げていきたいと思っています。

あ、もちろん自分もちゃんと木育インストラクターに認定してもらいました^^

2013/09/19

チーム木たす東京へ行く。


「ウッドスタートセミナー」という木育の研修に参加するため、「木たす」のメンバーで東京に行ってきました。前日は台風でフライトキャンセルが相次いでいましたが、この日は秋晴れで定刻に広島空港を出発。


窓からは台風の影響で土が混じってマーブル模様になった琵琶湖や、雪のない富士山がよく見えました。


羽田に着くと京急に乗って新橋で乗り換え。ついでに、かつて働いていた汐留シティセンターの最上階でランチ。



そしていよいよセミナー会場である木育のメッカ(?)「東京おもちゃ美術館」に到着。


廃校になった小学校を再利用して、子ども達がたくさんの木のおもちゃで遊べる施設になっています。


ここで岡山、熊本、福井から来られた方々と一緒に木育について学びました。初日は13時にスタートして20時まで、2日目は10時から15時まで、みっちりとスケジュールが組まれ、いつもお世話になっている多田館長をはじめ、おもちゃ美術館の職員の方々、大学教授、おもちゃ作家、既に木製玩具の製造販売で成功されている方等々さまざまな視点で木育について語って頂き、本当にたくさんの気付きが得られた2日間でした。



できることなら半年早くこのセミナーを受けたかったというのが正直なところですが、今回学んだことを、初期プロダクトが大詰めに差しかかっている府中発の木のおもちゃブランド「木たす」に活かしていきたいと思います。



木に関してはど素人の自分ですが、今回参加したことで、あらためて木の魅力や可能性を再認識しました。本業とはかけ離れた分野ですが、メーカー・商社でのビジネス経験を活かせることもあると思いますし、何より地域貢献と子ども達の未来づくりのために仲間たちとがんばっていこうと思っています。


ちなみに今回はANAのパッケージツアーを利用しましたが、宿泊先の京王プラザホテルでは部屋をデラックスルームにアップグレードしてくれました。



広々としたツインルームで、1人で泊まるにはもったいないくらい。チェックインが遅くなり、滞在時間が短かくなったのが悔やまれるような部屋でした。



バスルームはユニットタイプですが、きれいで気持ちよく利用できました。



翌朝目覚めると、窓の外に新宿でもひと際目立つモード学園のビルが見えました。


この日も快晴です。正直ちょっとツライ朝でしたが、この朝日でシャキッとしました(笑)



朝食は3つのレストランから選べましたが、洋食ブッフェのグラスコートにしました。



美味しい朝食を食べてしっかり目が覚めました。


東京おもちゃ美術館は四谷にあるので、9時半にチェックアウトして、このホテルに宿泊していた3人でタクシーで向かいました。


2日間のセミナーを終えると、羽田に向かう途中に4人で銀ブラ。


M氏の強い希望でみんなでラーメンを食べました(笑)


帰国便はB787。なかなかタイミングが合いませんでしたが、ようやく乗れました。


家族へのお土産は新橋の小川軒で買ったレイズン・ウィッチ。やっぱり美味しかった!


はい、自分が食べたかっただけです(笑)

2013/09/17

御二九と八さい はちべー


京都は大変な1日でした。昨晩から特別警報や避難勧告で携帯が鳴り続け、TVをつけると桂川が氾濫。幸い妻の実家は無事でしたが、高速道路の通行止めが解除されるまで福山に帰るのは待つことに。でも家でじっとしているのはもったいないので、雨が止んでから一人で四条界隈に出掛けました。阪急も桂から京都方面は止まっていたので車で。


せっかくなので以前から行ってみたかった柳小路にある肉料理のお店「御ニ九と八さい はちべー」にランチを食べに行きました。ミシュランで1つ星を獲得しているお店です。


12時開店ですが、11時40分頃には店の前に着いて開店を待っていたので一番のり。でもすぐに他のお客さんがやってきて一杯になりました。


ランチメニューは牛タンのハンバーグ、牛ネックのシチュー、ハラミ丼の3種類のみです。


注文したのは「秋野菜と近江牛ハラミ丼」!


ほどよく焼かれた近江牛のハラミは噛むと甘みがにじみ出てきます!新鮮な秋野菜と和風のソースとの相性もよく絶品でした。


こちらの小皿はハツ?レバーとか苦手だけど、これは臭みもまったく無くて美味しかったです。


赤出汁も作りおきではなく、注文を受けてから味噌を溶いて作ってくれました。


食後にはコーヒーとデザートも付きます。


デザートはチョコレートのわらび餅。あっさりとした甘みです。


ハラミ丼が絶品だったのでまた食べたい。でもハンバーグやシチューも美味しそうだし、一度は贅沢して夜のコースも食べてみたい・・・とにかくまた来たいと思うお店でした。満足。
 

2013/09/15

圓光寺


キエフのランチを堪能した後は、京阪~叡山電鉄で一乗寺の圓光寺へ。


もとは徳川家康公が伏見に開基し、2度の移転を経て現在の場所になったそうです。


宝物館前の枯山水「吟龍庭」。なんとなく雲龍図のように見える気がします。


本堂の入口へ・・・


四季の草花が描かれた襖絵「四季草花図」。煌びやかで美しいです。



この門をくぐると十牛之庭です。



水琴窟。写真だけ撮って音を聴くのを忘れました。。


方丈の中へ・・・



すぐ近くの詩仙堂へ行く人は多いのに、こちらは人が少なく静かに庭を眺めることができました。



この眺めも一人占め。贅沢な時間でした。



雨の日の観光は億劫ですが、こういう庭は雨が緑を引き立てて普段に増して綺麗に見えます。雨も悪いことばかりじゃありません。



最後に庭園を回遊。紅葉の名所なので、秋の紅葉の時期にもまた訪れてみたいお寺です。