広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2013/01/26

玉造温泉 玉井別館


今年最初の講演で島根県に出張してきました。講演先は松江市内の高校だったので、前日は玉造温泉に宿泊。一昨年は「玉造グランドホテル長生閣」、昨年は「ホテル玉泉」に宿泊しましたが、今回は「玉井別館」に宿泊しました。平日のビジネスプランなので料金も手頃です。


チェックインはロビーラウンジでお茶とお菓子を頂きながら。



部屋は2階でした。廊下も綺麗で気持ちがいいです。



部屋に入ると広くてびっくり。使いませんでしたが内風呂もあり、トイレは洗浄機付きでした。


とても綺麗な部屋で快適でした。残念ながらインターネットはつながりませんが、ロビーで無線/有線LANが利用可能でした。




奥から入口側を見るとこんな感じです。




そして部屋の奥にある小部屋。ウォークインクローゼットのような感じです。浴衣に着替えて女子のように鏡で自分撮りしてみました(笑)



さっそく温泉に浸かった後、夕食を食べに外に出ました。天気を確認せずに山陰に来ましたが、この日はあいにくの雷雨でした。。


毎回行く「若竹寿司」さんが定休日だったので、はじめて「キッチン花音」さんに行ってみました。牛肉のデミグラスソース煮込みは、柔らかく煮込まれていて美味しかったです。店主の方もとても気さくな方でした。



食事を終えて宿に戻るとまた大浴場へ。




20時前でちょうど夕食時だったからか誰もいませんでした。おかげでドライサウナに入ったり、ミストサウナに入ったり、ゆったりと満喫できました。


でもやっぱり露天風呂が一番気持ちがいいです。



そして風呂上がりに地元木次乳業のコーヒー牛乳。自分は絶対に牛乳よりコーヒー牛乳派です(笑)


その後は部屋で翌日の講演内容を確認したり、本を読んだりして普段より少し早めに就寝。ゆっくり眠れました。


翌朝は起床するとまず大浴場の露天風呂に入って目を覚まし、7時に予約していた朝食へ。


朝食は個室でした。よくある大広間の座敷よりも落ち着きます。


「島根の日本一朝食」は、島根県が生産量日本一の干しカレイ、宍道湖産しじみの味噌汁、大あご野焼き、奥出雲産ネッカエッグの温泉玉子、木次牛乳、とんばら漬けなど、島根県の名物がずらり。


特に干しカレイは肉厚で甘みがあり美味しかったです。ご飯が進むおかずばかりなので食べ過ぎてしまいましたが・・・。


食事を終えると部屋に戻ってスーツに着替え、ロビーラウンジでコーヒーを飲んでからチェックアウトして講演先の高校に向かいました。


そして無事今年初の講演を終えた後、再び玉造温泉に戻って前日は定休日だった「若竹寿司」さんへ。プレミアム海鮮丼は11種類のネタがどれも秀逸です。今回もどうしても食べたかったので、これで思い残すことなく帰路につくことができました。


2013/01/23

ANAカード


クレジットカードは複数枚持っていますが、メインはANAカード(JCB)を利用しています。もちろん目的はマイレージを貯めることですが、これが意外と貯まります。

今年の夏は家族で香港・マカオに行く予定ですが、大阪-香港のチケット3名分51,000マイル(Rシーズン)も、ほぼクレジット利用で貯めました(一部フライトマイルもあります。あとANA AMEXカードのキャンペーンで10,000マイル当選したのもありますが・・・)。

ポイントはやはりコツコツ貯めることで、光熱費・携帯・インターネット・NHK・保険といった固定費はもちろん、コンビニでおにぎり1個買うときも基本的にはクレジットカードで支払っています。あとインターネットで買物をするときやホテルを予約するときは、ANAのサイトを経由することでクレジットカードのポイントとは別にマイレージが貯まります。

各種ボーナスポイントを無視しても、1ヵ月に10万円クレジットカードを利用すれば1,000マイル分のポイントが貯まるので、1年間で12,000マイル分。広島空港からだと国内線なら東京でも沖縄でも往復の特典航空券と交換できます。東京・名古屋・大阪からソウル便も12,000マイル(Lシーズン)からです。上記のように固定費や日常のちょっとした買物、あと人によっては業務経費などの支払いにクレジットカードを利用すれば、そのくらいは意外と簡単に貯まります。

ANAカードにもVISA、MASTER、AMEX、JCBなど各種カードブランドが揃っていますが、その中でJCBを使っている理由はコストです。私が持っている一般カードの場合、年会費はJCB、VISA、MASTERともに本会員2,100円、家族会員1,050円で同じですが、クレジットカードのポイントをマイレージに移行するときの手数料が異なります。VISA、MASTERは6,300円/年度(10マイルコース)ですが、JCBは2,100円/年度(10マイルコース)です。この差がJCBを利用している主な理由です。

ちなみに実は現時点ではANA AMEXカードも所有しているのですが、こちらは一般カードでも年会費7,350円に値上がりしました(家族カードは持っていませんが2,625円)。移行手数料はやはり6,300円です。空港のカードラウンジが利用できたり、スーツケースの無料宅配が利用できるなど、独自のサービスもありますが、利用頻度が高くないので手放す予定です。

尚、JCBの欠点はやはりVISAなどに比べると特に海外において利用できる店舗の普及率で劣る点です。日本人にメジャーな渡航先ではずいぶん普及していますが、たとえば12月に行ったシンガポールであっても、空港で食事をした中華のファストフード店では利用できませんでした。なので別のVISAカードをサブとして携帯するようにしています。尚、AMEXの場合は逆に国内で使えないお店が意外とあります。やはり流通性ではVISAが一番と思います。
 
実は飛行機によく乗っていた海外営業時代は面倒くさくて、あまりマイレージを貯めていなかったのですが、こんなに貯まるものなら当時からしっかり貯めておけばよかったと今になって後悔しています。。
 

2013/01/19

親不知を抜きました

昨日、下の親不知を抜いてもらいました。実は12月にも1本抜いていて、今回は2本目だったのですが、どちらも横向きに生えていてほとんど埋まった状態(埋伏歯)でした。
 
痛みがあったわけではないのですが、わずかに隙間ができていて、そこに噛んだ食べ物が入ると爪楊枝で取ることはできても歯磨きができず、診察してもらったところ虫歯になりやすいので早めに抜いておいた方がいいということで抜歯を決心しました。

自分でも放っておいて虫歯になったり膿んでしまったら大変だし、それがもし講演直前にきたらこわいなぁと思っていたので、これで少しすっきりしました。やはり不安やリスクの芽は気付いたときに早めに摘んでおいた方がいいですね。

抜歯はあっという間で、麻酔をして30分程度で縫合まで終わりました。前回は術後の痛みがなかなか治まらず約2週間は鎮痛剤を飲んでいましたが、今回は今の感じだと前回より痛みはマシな気がします。

ちなみに抜歯も立派な手術で、条件に該当すると医療保険の手術給付金を請求できます。但し、最近は抜歯手術は支払いの対象外とする保険が多く、自分も2社の医療保険に加入していますが、数年前に加入した1社からは手術給付金が支払われますが、昨年加入した1社は対象外です。

そして給付対象となる保険会社の場合も、全ての抜歯手術が対象になるわけではなく、「埋伏歯」(埋まっている歯)の抜歯手術に限られます。なので、自分も上の親不知は普通に生えていますが、その歯を抜いても手術給付金の対象にはなりません。

ただ抜歯で手術給付金が支払われるとは思っていない人も多いようで、自分の話をすると驚く人も少なくありません。加入している保険によって条件は異なりますが、もし自分と同じようなケースに該当する人はよく確認してみた方がよいかもしれません。
 

2013/01/17

踊るFP


一昨日の話ですが、「生活経済研究所長野」の塚原さんと(株)家計の総合相談センター取締役で「国民総FP化」を掲げて活動されている栗本さんと岡山でお会いしてきました。FP業界では知らない人はいないほど有名なお二人ですが、博多で講演を終えて翌日に岡山で講演がある栗本さんと静岡で講演を終えて博多に向かう塚原さんがストップオーバーして岡山で合流するというさすが全国で活躍されているお二人ならではの落ち合い方です。

塚原さんからフェイスブックでメッセージを頂いて私も合流させて頂きましたが、その塚原さんは昨年末に出版された日経マネーのムック『金持ち老後vs貧乏老後』にも登場されています。


岡山駅で待ち合わせし、お二人がホテルのチェックインを済ませて向かったのは『岡山ケントス』。初めて行きましたが広くてきれいなお店でした。お酒を飲みながら塚原さんにお勧めの本を紹介して頂いているとバンドが登場してライブが始まりました。


塚原さんは今回の岡山でケントス全国制覇とのこと。さすが慣れていらっしゃいます。自分は珍しく電車で出掛けてお酒を飲みましたが(普段は基本的に車で行ってノンアルコールです)、久しぶりにフロアにも降りて楽しい夜でした。お二人に感謝です!


2013/01/13

じゃらんでお得に宿泊


国内の宿泊を予約するときは、ホテルのオフィシャルサイト、じゃらん、楽天トラベル、Hotels.comなどでプランと料金を比較していますが、雑誌じゃらんを購入すると、じゃらんnetでの予約に使えるポイントをゲットすることができます。

いつもは雑誌価格が480円で1,000円分のポイントが付いていますが、最新の2013年2月号は雑誌価格680円で2,000円分のポイントが付いていました。

期間限定なので、その期間中に宿泊してポイントを使わないと無効になってしまいますが1,320円お得です。

有効期間はポイント申請した月の翌月末までで、今回の場合ポイント申請の期限は2月末なので、1月中にポイント申請すれば2月末まで有効、2月に入って申請すれば3月末まで有効になります。

それほど大きな金額ではないですが、1,000円程度の違いでも出張時にちょっとだけグレードの高いホテル(部屋)にしたり、朝食付きのプランにすることができます。

雑誌自体も旅行好きの人には全く無駄というわけではなく、それなりに楽しめるので悪くはありません。

今回もさっそく来月の出張の際の宿泊予約に利用しました。
 

2013/01/08

住宅購入は物件を見る前に資金計画を!

住宅資金(住宅ローン)の相談では、展示場などに行って欲しい物件をある程度決めた後、あるいは契約手続きを進めた後での相談が多いのですが、FPとしてはこの流れを「物件を見る前に資金計画を立てる」という流れに変えたいと思っています。

予算感を持たずに物件を見てしまえばどうしてもイイモノに目がいってしまいますし、ウン千万円の話をしているとウン百万円は小さな数字に見えてしまって色々とオプションが重なっていくこともあります。

不動産広告では「家賃並みの負担で買えます!」といったキャッチコピーが多いですが、前提となっているローン金利は殆どの場合が短期の固定金利で、固定期間が終われば金利上昇リスクがあります。また、「家賃並みの負担」には維持費や修繕費は含まれていません。

そして“とりあえず”住宅ローンの仮審査に申込んで審査に通ると、まるで住宅購入の「お墨付き」を得たような感覚になってしまうこともあるようですが、実際には「借りられる額」が「無理なく返済していける額」とは限りません。生活費や子どもの教育費の上昇などもしっかりと織り込んでおく必要があります。

政権が変わり、長く続いてきた超低金利にも今後は変化が起こるかもしれません。政府はインフレを目指すわけですから、基本的には金利上昇も自然な流れです(もちろん政府の思惑どおりにいくかは分かりませんし、金利が上昇するにしてもどの程度かは分かりませんが)。

あらかじめライフプランに基づく資金計画を立てて予算感を持っておけば、ついつい無理のある物件に手を出してしまったり、リスクの高いローンを組んでしまうことも避けられるはずです。

だからこそ、「物件を見る前に資金計画を!」と声を大にして言いたいです。
 

2013/01/06

雪合宿 in リラクシア ②


外で遊んでいるとホテルの方が呼んでくれて15時より早くチェックインさせてくれたので、一旦部屋に入って休憩し、再び外に出て遊ぶことにしました。



部屋は昨年と同じタイプの部屋。シンプルですが清潔でとても居心地のいい部屋です。


ベッドはツインタイプですが、簡単に動かせるので息子の落下防止のためハリウッドツインのようにくっつけました。



ソファや壁のインテリアがリゾートっぽい雰囲気を醸し出しています。前回は2階の中庭向きの部屋でしたが、今回は反対向きの1階の部屋でした。



窓からの景色はこんな感じです。


夕方まで遊んでホテルに戻ると、息子と一緒に16時から利用できる大浴場に入りました。


温泉ではないようですが、露天風呂もあって雪を眺めながらお風呂に浸かれます。星が綺麗な夜も最高でしょうね。



お風呂から上がるとレストランで夕食。ホテルの周辺に飲食店があるわけもなく、必然的にホテルで夕食を食べることになります。



夕食は和洋折衷のコース仕立て。昨年とほぼ同じ内容でした。息子はお子様ランチです。



翌朝もレストランで朝食。どうやらこの日は我が家を含めて3組しか宿泊していなかったようで、昨年はブッフェでしたが、今回は和食のセット料理でした。


食後は外に出てチェックアウトの時間までまたまたソリ滑り。思う存分雪遊びを楽しみました。