広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2013/01/23

ANAカード


クレジットカードは複数枚持っていますが、メインはANAカード(JCB)を利用しています。もちろん目的はマイレージを貯めることですが、これが意外と貯まります。

今年の夏は家族で香港・マカオに行く予定ですが、大阪-香港のチケット3名分51,000マイル(Rシーズン)も、ほぼクレジット利用で貯めました(一部フライトマイルもあります。あとANA AMEXカードのキャンペーンで10,000マイル当選したのもありますが・・・)。

ポイントはやはりコツコツ貯めることで、光熱費・携帯・インターネット・NHK・保険といった固定費はもちろん、コンビニでおにぎり1個買うときも基本的にはクレジットカードで支払っています。あとインターネットで買物をするときやホテルを予約するときは、ANAのサイトを経由することでクレジットカードのポイントとは別にマイレージが貯まります。

各種ボーナスポイントを無視しても、1ヵ月に10万円クレジットカードを利用すれば1,000マイル分のポイントが貯まるので、1年間で12,000マイル分。広島空港からだと国内線なら東京でも沖縄でも往復の特典航空券と交換できます。東京・名古屋・大阪からソウル便も12,000マイル(Lシーズン)からです。上記のように固定費や日常のちょっとした買物、あと人によっては業務経費などの支払いにクレジットカードを利用すれば、そのくらいは意外と簡単に貯まります。

ANAカードにもVISA、MASTER、AMEX、JCBなど各種カードブランドが揃っていますが、その中でJCBを使っている理由はコストです。私が持っている一般カードの場合、年会費はJCB、VISA、MASTERともに本会員2,100円、家族会員1,050円で同じですが、クレジットカードのポイントをマイレージに移行するときの手数料が異なります。VISA、MASTERは6,300円/年度(10マイルコース)ですが、JCBは2,100円/年度(10マイルコース)です。この差がJCBを利用している主な理由です。

ちなみに実は現時点ではANA AMEXカードも所有しているのですが、こちらは一般カードでも年会費7,350円に値上がりしました(家族カードは持っていませんが2,625円)。移行手数料はやはり6,300円です。空港のカードラウンジが利用できたり、スーツケースの無料宅配が利用できるなど、独自のサービスもありますが、利用頻度が高くないので手放す予定です。

尚、JCBの欠点はやはりVISAなどに比べると特に海外において利用できる店舗の普及率で劣る点です。日本人にメジャーな渡航先ではずいぶん普及していますが、たとえば12月に行ったシンガポールであっても、空港で食事をした中華のファストフード店では利用できませんでした。なので別のVISAカードをサブとして携帯するようにしています。尚、AMEXの場合は逆に国内で使えないお店が意外とあります。やはり流通性ではVISAが一番と思います。
 
実は飛行機によく乗っていた海外営業時代は面倒くさくて、あまりマイレージを貯めていなかったのですが、こんなに貯まるものなら当時からしっかり貯めておけばよかったと今になって後悔しています。。
 

0 件のコメント: