広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2012/05/28

日本一危険な国宝見学


三朝温泉を出発すると三徳山へ。以前から行ってみたいと思っていた「日本一危険な国宝見学」と言われる三佛寺の投入堂を参拝しました。


投入堂を参拝するには登山事務所で受付をして険しい山道や崖を登っていかなければなりませんが、滑落死亡事故が相次いだため現在は一人での入山はできないということで、他のグループに同行させて頂き、一緒に下山するという条件でなんとか参拝することができました。靴も入念にチェックされて、前日が雨だったためスニーカーでもNGで500円のわらじに履き替えでした。
 

とはいえ、うちの母親でも登ったくらいだから実は余裕だろうと思っていたのですが、実際に登ってみると本当に険しい道のりでした。。ジャージで行った方がいいという忠告も無視してジーンズで行きましたが、汚れるし動きにくいしで後悔しました・・・。


登ってきた崖を見下ろすとこんな感じです。でも年配の方や女性もたくさん登っていました。高い所が苦手な人はつらそうでしたが。
 

岩場を鎖を伝って登るところもあります。プチ登山気分が味わえました(笑)
 

文殊堂(国重文)は手すりもなく、へたに下を見下ろすと崖下に落ちてしまいそうです・・・。
 


でも目の前には広大な景色が広がっていて絶景でした。
 

投入堂まで距離は700m程しかないそうですが、道が険しいので思ったよりも時間が掛かります。往復すると2時間近く掛かりました(写真を撮ったりしてる時間もありましたが)。
   


いくつもの難所を超えて進んでいき、崖を曲がったところで突然目の前に姿を現しました!国宝の投入堂です!
  

切り立った断崖に貼り着くように建てられた投入堂。こんな場所にどうやって建てたのか本当に不思議です。
 

建立時期も明らかではないそうですが、木材の年輪から測定した調査結果では平安時代後期(約900年前)に建てられたとされているようです。険しい道のりで足が痛くなりましたが、それだけの価値がある感動がありました。
 

下山したときにはわらじもボロボロでした。登山事務所の方の話だと、ガイドの人が晴れた日だと1足のわらじで5往復はできるそうですが、この日のように雨で濡れていると2往復くらいで交換するそうです。
  

いい運動をしてお腹が空いたので、三佛寺のふもとにあるドードー食堂でランチ。
 


目の前を流れる三徳川の水の音が聞こえるテラス席には心地よい風が吹いていました。
 


野菜のグリーンカレーと食後にコーヒー。美味しかったです。
 

.

0 件のコメント: