広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2012/01/08

地震・噴火・津波の車両補償

1月1日から損害保険各社が地震・噴火・津波による車両全損時定額払い特約を発売しました。
 
東日本大震災で自動車が津波に流されるなどしても通常の車両保険は地震・噴火・津波は約款において免責とされているため補償がなかったことに対し、損保会社に対するクレームや批判、補償を求める声が数多くあったようで、その声に応える形でできた特約です。

補償内容は各社共通のようで、保険金を支払うのは「全損」の場合に限る(全損の条件は約款に定められています)、そして保険金額は定額で50万円で、保険料は一律5,000円です(1年契約・一時払い)。

但し、車両保険金額が50万円未満の場合はその金額が保険金額になり、保険料もそれに応じて減額されます(車両保険金額40万円なら保険料4,000円)。

補償が全損に限定され、かつ保険金額が定額で50万円なのは、速やかに保険金を支払うためと、保険会社の支払いリスクを限定する目的があるようです。あくまで日常生活に必要最低限の代替車両を確保することが趣旨の特約です。
 
この特約ができた背景に被災者の声があるのは事実ですが、ただ地震・噴火・津波はどこでも起こりうることではあるけれども可能性は決して高いリスクではないこと、かつ保険金が支払われるのは車両が「全損」したときに限られること、そして50万円の補償に毎年5,000円の保険料を支払うことをどう捉えるかは考慮の余地があると思います。

日常生活における車両の必要性は住む地域によっても異なりますし、50万円くらいなら自家保険(預貯金)で対応するという考え方もあると思います。
 

0 件のコメント: