広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2011/04/29

生命保険の申込みは誕生日前月までに

今日は朝5時に起きて大阪に向かい、医療保険のお申込みを頂きました。実は今月に生命保険・医療保険のお申込みを頂いたお客様は全て誕生日が5月です。何故かというと、そう、生命保険は年齢が上がると保険料が上がるからです。

なので、誕生日が迫っている場合は、どうせ契約するなら年齢が1歳でも若いうちに契約した方が少しでもお得になります。但し、じゃあ誕生日の前日までに申込みすればよいかというとそうではなく、実は契約と年齢の関係は意外と複雑です。

まず生命保険では年齢を満年齢でカウントする会社と、「保険年齢」でカウントする会社があります。「保険年齢」とは四捨五入した年齢で、たとえば29歳6ヵ月以上30歳6ヵ月未満の人を30歳とする数え方です。この場合、誕生日の前月はすでに満年齢+1歳になってしまいます。
 
それから、生命保険には責任開始日と契約日というものがあります。責任開始日とは保険会社の責任が開始する日(つまり保障が開始する日)ですが、通常は保険会社が申込みの引受けを承諾すると、告知(診査)日と第1回保険料の払込日のいずれか遅い方の日が責任開始日となります。
 
契約日はそれとは別に、保険の種類や払込方法(月払いか年払いか)などによって、責任開始日が契約日になる場合と、責任開始日の翌月1日が契約日になる場合があります。後者の場合、4月10日が誕生日で、4月5日に申込みをして同日に告知と第1回保険料の払込を完了したとしても、契約日は翌月1日、つまり5月1日になります。

そして、保険料の基準となる年齢は契約日時点の年齢なので、この場合は誕生日前に契約手続きをしたとしても、保険料は誕生日到来後の年齢で計算されることになってしまいます。このような場合は「契約日指定」といって、責任開始日を契約日に指定する方法もありますが、保険種類や契約形態によってはできない場合もあります。

このようにやや複雑な生命保険特有のルールがあり、会社によっても運営が異なるので注意が必要です。ただ、いずれにしても年齢が上がる前に契約した方がお得ではあるので、誕生日が迫っている場合は、このへんのことも気にしておいた方がよいかもしれません。
 

2011/04/28

備中国分寺


総社といえば備中国分寺の五重塔というイメージだったので、昨日の講演前に行ってみました。五重塔は江戸時代後期(1844年頃)に建てられたということなので、比較的新しいようです。



そのあと「塔見の茶屋」でコーヒーを飲みながら、講演内容の最終チェックなどを。合掌造りの民芸調のお店ですが、その名の通り、窓からは五重塔がよく見えました。本当は「珈琲と人」にも行ってみたかったのですが、残念ながら水曜日が定休日でした。
 


 

2011/04/27

講演力アップのために・・・

今日は岡山県総社市の高校で、進学資金の講演をしてきました。広い体育館で保護者・生徒合わせて400人以上の方に聴いて頂きましたが、おそらく今までの学校講演の中では最多の人でした。
 
よく「大勢の前で話をして緊張しないか?」という質問を受けますが、実はあまり緊張しません。これは初めての講演のときからそうでした。より正確に言うと、毎回緊張感は持っていますが、いわゆる「あがる」ことはありません。
 
ただ、あがらないから上手くしゃべれるかというとそういうわけでもありません。毎回反省点はありますし、同じようにしゃべっているつもりでも、自分で納得感のあるときとそうでもないときがあります。

これは会場の雰囲気によることもありますし、自分でもうまく理由を説明できないこともあります。ただ、効果的に話すということは簡単そうで難しく、本当に奥が深いものだと毎回実感しています。

そこで、少しでも講演力をアップするために、そして英語力維持の目的も兼ねて、Dale Carnegieの"The Quick & Easy Way to Effective Speaking"という本を買ってみました。邦題は「心を動かす話し方」です。

久しぶりに読む洋書なのでやや不安ですが、何かしらヒントが得られたらいいなと期待しています。
 
 

2011/04/25

太陽公園


京都からの帰りに姫路にある太陽公園に寄ってみました。いつも山陽道を通るときに白鳥PAあたりから見える白鳥城が気になっていたので。

ドイツ南部にあるノイシュヴァンシュタイン城を模したお城は、姫路城よりも大きいというのだからそのスケールにびっくりです。ちなみに実際に行ったノイシュヴァンシュタイン城はこちら。本物そっくりです。





ちょうど4月23日(土)にオープンしたばかりの『服部正志のトリックアート美術館』も見ることができました。平日だったので人も少なく、並ぶこともなく色々な写真を撮って楽しめました。
 









トリックアートを楽しんだ後はウェルカムハウス「スワン」2階のレストランでランチを食べ、それからこんどは「石のエリア」へ。かなり広い敷地に石でできた世界各国の遺跡や石像などが展示されています。こちらもそのスケールは圧巻です。ちなみに実際に行った凱旋門はこちら
 

特に圧倒されたのは西安にある兵馬俑。本物は見たことないけど、本物みたいでした(笑)
 


秦始皇帝の兵馬俑坑発掘現場が忠実に再現されており、放置された軍手や土に埋もれた俑にもリアリティがあります。この凝り方はすごい。
  


天安門もありました。もちろん本物サイズではないし、毛沢東の肖像画もさすがにありませんが、かなりのスケールでした。実際に行った本物の天安門はこちら
 


ほかにも万里の長城やピラミッド、その他たくさんの遺跡・石像等がありましたが、敷地が広すぎて途中で息子が歩くのを嫌がり、少し心残りでしたが全部見ないで引き返しました・・・でも大人も十分楽しめました。
 
この太陽公園・白鳥城は社会福祉法人が運営しており、公園内には福祉施設もあり、障害を持つ人が働いています。そのことは知っていたのですが、大変失礼ながら何となくお金持ちの趣味という風に思っていました。

でも、「私は太平洋戦争終結の昭和二十年十二月、ある少年、当時乞食、現在のホームレスとの出会いから、社会福祉を己自身の生涯の生き方と決定づけ、既に六十四年と言う年月を過ごしました。」という門口理事長のこの文章を読んで、理事長の社会福祉にかける執念や、太陽公園・白鳥城に込めた願いや理想を知ることができました。
 
大人も子どもも楽しめるので、是非一度行ってみてください。
 

2011/04/24

ラ・リサータにて


今日は京都で友人と生命保険に関する面談。せっかくなのでランチも兼ねて、グランヴィア京都で待ち合わせ。
 
食事は15階のイタリアンレストラン「ラ・リサータ」で。窓際のテーブルだったので、広い窓から京都駅を通る新幹線や、かつて働いていた会社の社屋も少しだけ見えました。
 

Pranzo Aは、本日のアンティパスト、パスタ、パン、デザート、コーヒーのシンプルなコースですが、さほどお腹も空いていなかったので、それでも十分でした。あと、デザートだけはアップグレードして、ジェラートからドルチェの盛り合わせに変更しました。自分が選んだパスタは「生ハムと菜の花のドルチェヴィータ」という大げさな(?)ネーミングでしたが、名前に負けず美味しかったです。




そして、食後に保険のお話。事前に話はしていましたが、色々と質問を受けたり、いくつか用意したプランを比較してもらって、最終的に決めてもらいました。友人の契約を頂くということは責任も感じますが、今後も長くお付き合いさせてもらえるということで率直に嬉しいです。
 
その後も相続について話したりしましたが、自分がこういう仕事をしていると当たり前のようになっている知識も、一般の人にとっては馴染みがないことに改めて気付くことができました。自分自身も以前は相続のことなんて何も知らなかったし、考えたことすらなかったのですが、ついついその感覚を忘れてしまいがちです。その感覚に気付くと、もっと色んな人の役に立つことができる可能性が色々あるのではないかとふと思いました。
 
帰りには四条烏丸の駅でクリスピー・クリーム・ドーナツを家族に買って帰りましたが、さすがに人気も落ち着いてきた感じでした。4年前に有楽町(東京)の店舗に行ったときは、午前8時に行って1時間20分待ちの行列だったのですが。妻ははじめて食べましたが、ミスドよりは気に入った様子でした。
 

2011/04/23

境港の絶品海鮮丼

 今日は先週生徒向けに講演を行った米子市内の高校で、こんどは保護者向けの進学資金講演を行ってきました。週末だったことと、明日京都で生命保険の仕事ができたことから、今日は家族も同伴でした。

以前、高速道路の渋滞で2時間以上余裕を見て出発しても到着がぎりぎりになった経験から、今日も朝早くに出発。時間に余裕があったので、まずは境港で昼食を食べることにしました。
 

行ったのは「かいがん」というお店。街中にあるお店ではなく、目の前は港の倉庫というロケーションです。ひっそりと存在する感じのお店ですが、ここが大当たりでした。
  

自分が注文したのは「特選さかな丼(海鮮丼)」ですが、ネタがどっさり盛られた海鮮丼に、天ぷらや炊いたイカのほか、茶碗蒸し、もずく、こんぶ、味噌汁、香の物、デザートまで付いて1,700円でした。
 

海鮮丼はネタが本当にたくさんで、カニ足やウニも入っています。写真に写っているネタの下にもまたネタがあります。揚げた魚もあったのが珍しいですが、何の魚か分かりませんでした・・・あと、ご飯も白飯と酢飯を選べるのが、酢飯派の自分には嬉しかったです。
 

一品物のおかずもありましたが、これも100円~とかなりお得です。新鮮な魚が安く食べられる境港の穴場的なお店でした。
 

食後もまだ少し時間があったので、去年も来た水木しげるロードを少しだけ散策しました。
 



その後で講演に向かったわけですが、自分が講演に行っている間、妻と息子は皆生温泉のOUランドに置いて行きました。ここも去年にも来た場所で、息子がお気に入りの温泉施設です。大人350円で入ることができますが、施設はとてもきれいで、お風呂も広くて数種類のお風呂が楽しめます。湯の質も良くて、本当に肌がすべすべになります。


講演終了後は自分も温泉に入って疲れを癒し、夕食もここで済ませてから京都に移動しました。先週も皆生温泉、そして先月は玉造温泉と、山陰出張は温泉が楽しみの一つになっています。

 

2011/04/22

乳がん治療

元キャンディーズの田中好子さんが乳がんで他界されました。乳がんは日本人女性のがん罹患率第一位で、今後も若齢化して増加すると予測されているそうです。
 
乳がん治療においては進行度合いが非常に重要で、5年生存率も進行ステージによって大きく違ってくるようです。

ステージ別の5年生存率
1期   98.2%
2期   91.5%
3期   67.8%
4期   31.5%

5年生存率は治療開始から5年後にどんな状態でも生存している人の割合なので、完治した人の割合というわけではありませんが、進行とともに確実に生存率が下がっています。転移が拡がっている4期では5年生存率は3割程度です。
 
したがって、やはり早期発見がカギとなるのだと思いますが、最近は乳がん検診もかなり広まってきているようです。うちの妻も昨年受診していました。

(マンモグラフィーも含めて)乳がん検診は経験や技術によって精度がかなり違うという話もきいたことがありますが、それでもやはり定期的に検診を受けることが大切なのだろうと思います。
 
あとは最近、乳がんにも粒子線治療を適用する研究が進められているようです。これが確立すれば、早期発見の患者は切らずに乳がんを治療できる選択肢が増えるので期待したいです。
 

2011/04/21

鞆の浦でFP談議

今日はいつもお世話になっている先輩FPの下村さんが高校での講座のために笠岡に来られていたので、講座終了後に福山まで来て頂いて、鞆の浦にお連れしました。
  

まずは「千とせ」でランチ。お造り、天ぷら、煮付けに鯛めしの付いた会席を注文しました。FP談議に花を咲かせながら地元の素朴な魚料理を頂きましたが、どれも美味しかったです。

  
そのあと、対潮楼の座敷からまさに絵になる風景を眺めたり、狭い石畳の路地を歩いたり、鞆の浦のシンボルである常夜灯へ行ってみたりと鞆の浦を散策。
 
  
  
  
そして、またFP談議の続きをするために明圓寺の近くにあるギャラリーカフェ「さらすわてぃ」へ。
 

階段を登って門をくぐると立派なお屋敷とお庭が見えました。 お店の中はギャラリーにもなっているので、センスのいい小物や食器などが展示販売されていました。
 

天気もよかったので、お庭を眺めるオープンテラスに座りました。広々としていて、このまま昼寝したいくらい心地よい空間です。
 

目の前のお庭も立派ですが、その向こうには瀬戸内海も見えて、眺望も贅沢。
 

コーヒーの仕入れ先もこだわっていらっしゃるようで、その仕入れ先の方が「できればブラックで味わっていただきたい」とおっしゃっていたそうなので、いつもはミルクを入れる自分もブラックで飲んでみましたが、後味もすっきりしていて本当に美味しいコーヒーでした。器も素敵でした。
 
  
ここでまたFP談議に花が咲き、気付けば日も沈みはじめ、少し肌寒くなる時間に。いつものことながら、下村さんと会うと勉強になる話がたくさん聞けて、共感できることも多いので、ついつい時間を忘れてしまいます。今日も多くの気付きや学びを頂きました。感謝です!
  

それにしても「さらすわてぃ」は素敵なお店でした。入口に「ようこそ なごみ空間へ」と書いてありましたが、まさになごみの空間で、贅沢な時間を過ごせます。また行きたいと思うお店でした。