広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2011/02/27

タオル美術館とマイントピア別子

今日は家族としまなみ海道を渡って愛媛県へ行ってきました。まず向かったのは今治にある「タオル美術館」。昼過ぎに行きましたが、駐車場は車でいっぱいでした。


館内にはブランドもの、キャラクターもの、アウトレットもの、色々な種類のタオルが展示販売されています。4階~5階にあるタオルアートの美術館と製造工程見学は有料ですが、今回は買物が目的だったのでそこには入りませんでした。


出産祝いのプレゼント、自宅用のタオルケット、息子が保育園で使う仮面ライダーのタオル等を購入してショッピング終了。自宅用はアウトレット品でお買い得でした。


タオル美術館を後にして向かったのは新居浜にある「マイントピア別子」。江戸時代から昭和まで300年近くにわたって銅を産出した日本三大銅山の一つ別子銅山の跡地にある観光施設です。


去年、大学のサークルの同窓会の帰りに「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる東平ゾーンには行きましたが、ここには立ち寄らなかったので今回来てみました。温泉施設もありますが、温泉には入らず鉱山観光へ。


鉱山観光の料金は大人1,200円、中高生800円、3歳以上600円と意外と高めですが、ウェブサイトでクーポンを印刷して持って行くと割引が受けられます。鉱山鉄道に乗って観光坑道に向かいますが、乗車時間は約3分間なのであっという間です。


観光坑道はかつての旧火薬庫を利用して作られたそうです。



坑道に入ると、人形やジオラマで江戸時代から近代までの銅山で働く人々の様子が紹介されています。



奥に進むとちょっとした遊び場も。遊びながら鉱山の作業を体験できる遊学ゾーンになっています。




4歳の息子は楽しそうでしたが、正直なところ大人にはちょっと物足りない感じかも。大人には東洋のマチュピチュの方が興味深いと思います。

川を挟んだ向かいにある古びた建物は明治45年に建造された旧水力発電所。中には今でもシーメンス社製の発電機が残っているそうです。

 

2011/02/26

ホアヒンの思い出


8年前の夏休みに行ったタイ王室の避暑地ホアヒン

自分は旅行先では精力的に動き回るタイプですが、妻はどっちかというとリゾートでのんびり過ごしたい派。そして、このときだけは珍しく妻に合わせて3泊4日の滞在中、ホテルから一歩も出ることなく過ごしました(ホアヒンの後に行ったバンコクでは動き回りましたが・・・)。


このとき宿泊したのはEVASON HUA HIN。環境に配慮したハイセンスでナチュラルなテイストのリゾートです。海も目の前ですが、そんなにきれいな海じゃなかったので、ホテルのプールで泳いだり、プールサイドで本を読んだりしてのんびり過ごしました。



部屋も決してゴージャスではないけど、ナチュラルでセンスがよく、居心地のいい部屋でした。晴れているときはプールで、そしてスコールが降るとライブラリーでDVDを借りて来て部屋で観るという過ごし方でした。



そして、このとき宿泊した部屋はプライベートのプール付き。大きなプールではありませんが、部屋にプールが付いているのはちょっとリッチな気分でした。



最初は「ずっとホテルの中にいるなんて退屈だし、もったいない」と思っていましたが、こういう過ごし方もなかなかいいものだなと感じました。

「今、南国のリゾートに行って、積ん読になってる本をプールサイドでじっくり読めたらどんなに幸せだろう~」と妄想に浸る今日この頃です。



2011/02/25

講演前にお城のような喫茶店で


今日は倉敷市内の高校で、2年生の進学志望の生徒さん数十名と保護者の方を対象に、進学資金の講演をさせて頂きました。

保護者の方を対象に講演することが多いのですが、ときどきこうして生徒さんに話をする機会もあります。進学にかかるお金の現状や奨学金と教育ローンの説明などをするのですが、高校生にはピンとこないことも多いのではないかと思い、保護者が対象のときよりも難しさを感じます。

なるべく具体的な事例を話したり、自分の大学時代の話やお金の使い方の話を入れるなど、できるだけ関心を持ってもらえるようにしてみたつもりですが、まだまだ改善の余地ありです。

講演のときは絶対に遅れるわけにいかないので、いつも時間に余裕を持って移動し、講演先近くまで行ってからお店に入るなどして時間を調整するのですが、今日は午後一の講演だったので水島IC近くのニューリンデンという喫茶店でランチを食べながら、講演内容の最終チェックをしました。

お城のような外観で若干入りにくさを感じるお店ですが、入ってみると普通のレトロな喫茶店でした。


メニューは豊富で定食もたくさんあったのですが、さほどお腹も減っていなかったので「コーヒーBランチ」というメニューを注文。ハムトースト、フルーツ、プリン、コーヒーが付いて700円。コーヒーをアイスに変更したので+30円で730円でした。

12時を過ぎるとお客さんも結構たくさん入ってきたので、地元では人気のお店なのかもしれません。


2011/02/24

生命保険の充足感

生命保険文化センターが発表した「平成22年度 生活保障に関する調査」にこんなデータがありました。

死亡保険金の希望額と実際の加入額:

【男性】 希望額 3,566万円  実際の加入額 2,043万円
【女性】 希望額 1,720万円  実際の加入額    944万円

疾病給付金日額の希望額と実際の加入額:

【男性】 希望額 12,300円  実際の加入額 11,000円
【女性】 希望額 10,600円  実際の加入額   9,200円

この金額自体は全年齢区分の平均ですし、そもそも必要な保障額は各家庭によって違ってくるので、あまり意味はないと思いますが、ただ男女ともに死亡・疾病いずれにおいても実際の加入額が希望額を下回っていることがちょっと気になりました。

さらに、死亡保障・医療保障に対する充足感に関する問いでは、いずれも6割程度の人が「充足感なし」と考えているようです。

【死亡】 充足感あり 26.1%  充足感なし 60.7%
【医療】 充足感あり 32.7%  充足感なし 59.8%

※充足感ありは、「十分足りている」と「どちらかといえば足りている」を足したもの
※充足感なしは 「どちらかといえば足りない」と「まったく足りない」を足したもの

確かに万一の保障は多いに越したことはないですし、保障を上積みしたくても保険料との兼ね合いで厳しい場合や、健康状態によっては新たな加入や見直しができない場合もあります。

でも、「人生で2番目に大きな買物」と言われるくらいのお金を生命保険に支払っているにも関わらず、これだけ高い割合の人が「充足感がない」と考えているのは、加入時に納得のいく相談ができていない可能性が高いのではないかとも思います。

保険は「安心を買うもの」とも言われますが、この結果だけ見れば6割の人は安心を手に入れていないようです。

色々と考えさせられる数字です。
 

2011/02/23

尾道浪漫珈琲


違いがわからない男ですが、コーヒーは好きなのでよく飲みます。

スタバ、タリーズ、ドトールなどはもちろん、京都にいたときはイノダコーヒ、前田珈琲、小川珈琲、そして前にブログで紹介したレトロな老舗喫茶店など、東京の汐留で働いていたときは銀座の老舗カフェーパウリスタなどなど。

そんな中で、今のところ日本で一番好きなコーヒーが地元尾道にある「尾道浪漫珈琲」。ここのブレンドコーヒーが大のお気に入りです。

自分が行くのは主に東尾道店ですが、お店の雰囲気も落ち着いていて、仕事の構想を考えたり、ちょこっと勉強するのにもよいです。

あと、たまにしか食べませんが、「ワッフルモーニング」も好きなメニュー。ちょっと贅沢な気分になれる朝食です。

京都の朝がイノダコーヒの香りからなら、尾道の朝は浪漫珈琲の香りから、ですね。
 

2011/02/22

マインドマップ勉強法


今朝、朝マックをしながら勉強していたときに、ふとマインドマップを使ってノートにまとめてみました。

マインドマップはイギリスの教育者トニー・ブザンが開発した世界的に有名なノート法です。

放射思考といって、中心にあるテーマから放射状にキーワードをつなげていくことによって、発想がどんどん広がり、思考が整理され、また記憶により定着するといわれています。

本当はカラフルな色ペンを使ったり、絵(イメージ)を書き込むことによって、より効果が発揮されるのですが、今日は手元になかったのでシャープペンシルのみで簡単に書いていきました。

それでも従来のノート法に比べると、頭の中の整理のされ方や記憶の残り方がずいぶん違う気がします。

自分でやってみる前は私もマインドマップの効果は半信半疑だったのですが、やってみると効果を実感できると思います。

ちなみに今日勉強していた内容は不動産に関する税です。
 

2011/02/21

少年サッカーを応援します


3月5日(土)、6日(日)にみろくの里グラウンドで開催される「第7回神村新春サッカー祭」に、高校時代の先輩のお子様が出場されるということで、ほんのわずかではありますがスポンサリングさせて頂きました。

大会プログラムに広告が掲載されたということで、昨夜わざわざそのプログラムを届けて頂きましたが、U-12、U-10、U-9の3カテゴリーで県内外のサッカークラブが数多く参加するようです。私も小学生のときからサッカーをしていたので、なんだか懐かしいです。

『人間が守るべき道徳と義務について私が認識している全てはサッカーから学んだ』とはフランスのノーベル賞作家アルベール・カミュの言葉と言われていますが、自分自身振り返ってもサッカーから学んだことはたくさんあります。

子どもたちには、そんな素晴らしいスポーツを心から楽しんで、一生懸命プレーしてほしいと思います。
 

2011/02/20

息子とバースデーケーキ作り


昨日の妻の誕生日の続きですが、ランチを楽しんで帰宅したあと、息子と二人でバースデーケーキを作りました。自分は不器用だし、4歳の息子はむちゃくちゃするので大変。。
  

真ん中にもイチゴをはさんで、イチゴたっぷりのケーキにしました。クリームを塗るのがうまくいかないので、見た目はでこぼこですが、味は甘さ控えめでなかなか美味しくできました。妻も喜んでいたので、よかったです。

 

2011/02/19

梅の花でランチ


今日は妻の誕生日。ということで、ランチは妻がお気に入りの「梅の花」で。お気に入りと言っても随分久しぶりで、福山のお店に来るのはこれが初めて。今朝、予約の電話を入れたのですが、遅めの時間にしたので個室を用意してもらえました。


ランチコースの「京の梅」をオーダーしましたが、小鉢、茶碗蒸し、湯葉のお造り、湯豆腐、煮物、生麩田楽、湯葉揚げ、湯葉吸物、飯物(和風ドリア・鰻せいろ・季節の御飯からチョイス)、香の物、デザートという内容で2,000円。料理の質やお店の雰囲気を考えても満足度高いです。




ただ妻の誕生日で行ったのに、妻のランチは半分以上息子が食べてしまいました…いつもお子様ランチなどを注文しても残すので一緒に食べることにしたのですが、今日は同じコースを頼んでもいいくらいでした。豆腐や湯葉が好きなのは京都人の血かもしれません。満足げに「ごちそうさま」と手を合わせていました。


食後に息子に撮ってもらった夫婦二人の写真。最近は二人で写真に写ることなんて殆どないので貴重です(笑)
 

お店の方の応対もとてもよかったので、落ち着いて気持ちよく食事を楽しむことができました。息子も気に入ったみたいなので、また行きたいです。
 
 

2011/02/18

保険会社の会議


今日は保険会社の会議で広島へ。いつもそうなのですが、保険会社の集まりは重苦しい雰囲気が漂っていてやや苦手です。。

空気が重苦しいのは、女性が少なくてスーツ姿のおじさんばかりのせいかもしれません。あとは、結局「いくら売るか」みたいな話ばかりになるのもなんだかなぁという感じです。

団体戦と称して全国の代理店を地域別に競い合わせ、「今ランキングが何位だ」とか「表彰まであといくら」と言って盛り上がっているのを見ると、ものすごく違和感を感じます。

ビジネスだから数字を求めるのは当然ですが、表彰のために契約を取るとか、キャンペーンをやっているから特定の商品を勧めるというのは何か違うと思います。もしそれをお客さんが見たらどのように思うでしょうか。。
 
その点、FPの集まりでは純粋にお客さんの役に立とうという雰囲気に満ちていることが多いので、比較的居心地もいいです。

保険屋の世界もそうなってほしいし、保険屋の地位向上のためには客から見えないところでも公明正大に行動する(見られるとマズイようなことはしない)ことが必要だと思います。
 

2011/02/17

"Autumn Leaves" / Jacintha


去年の5月にKeith Jarrettの"Jasmine"を買って以来、久々に購入したCDが大当たり。
 
Jacinthaというシンガポール人ジャズシンガーのアルバムです。タイトルになっているのはスタンダードの名曲"Autumn Leaves"。

もちろん、このアルバムに"Autumn Leaves"も収録されていますが、これがまた素晴らしいのです。そして、その他の曲も本当によい!歌唱力も音質もすべて。

しっとりとした曲調のバラードが多いので、疲れた夜に聴くと心に沁みて癒されるかも。ちょっと音を大きめにして聴くと、ジャズバーでライブを聴いているような感じです。

Jazz好きな人にはオススメです!
 

2011/02/16

高校1年生にキャリア講演


昨日は広島市郊外の高校で、1年生の生徒さん約240名を対象に進路とキャリアに関する講演を行ってきました。
 
朝起きてまずインターネットで高速道路の状況を確認したら、福山西~志和が通行止め!その影響で下道も渋滞している様子だったので、万一事故でもあればアウトだと思い、新幹線>バスで行くことも考えたのですが、幸い8時過ぎには通行止めが解除されていたので、問題なく車で行くことができました。上の写真は途中に寄ったPAです(なんだかモノクロ写真みたいですね)。

生徒さんとの出会いは一期一会。なので、思いをこめて一生懸命話したつもりです。まだまだ自分が未熟なので、全員に満足してもらえるレベルではなかったと思いますが、一人でも多くの生徒さんに何か少しでも心に残ることがあったことを願います。

私もまだまだ若いつもりですが、高校生を見ていると若さに圧倒されます。自分には取り戻すことができない時間や可能性を、確実に彼らは持っています。そんな彼らが羨ましくも思えます。

しかし、この年になって自分もようやく最近分かってきましたが、歳をとるのは本当にはやい!なので、迷ったり、立ち止まったり、目的が見つからないこともあると思いますが、若い人には臆することなく色んなことにチャレンジしてほしいです。

Life is too short to be afraid!
 

2011/02/15

元本保証=ノーリスクではない

先月末にS&Pが日本国債の格付をAAからAA-に格下げしました。また2月10日には財務省が2010年12月末のいわゆる「国の借金」が約919兆円となり、過去最大を更新したと発表しました。
 
このような状況から日本の財政に不安を感じている人はたくさんいるように思います。色んな年齢、立場の人と話をしても殆どの人がそう言います。

しかし、その一方で株や投資信託などで投資をしている人は自分の身の回りでも意外と少ないというのが実感です。日本の財政が不安なのであれば、外国の株式や債券、あるいは外貨預金などの外貨建資産を保有するのが自然な流れのような気がするのですが、そういうわけではないようです。
 
逆に日本の財政に不安を抱きながらも、ほとんどの現金資産を、大部分が日本国債に回ってしまう銀行や郵貯の預金で保有している人が多いのです。

この背景には株式や債券、外貨預金は元本割れするリスクがある、預金であれば金利はほんのわずかでも元本は保証されるということがあるようですが、「元本保証=ノーリスク」ではありません。

万が一、急激な円安、インフレにでもなれば、額面では元本が保証されていても、持っているお金の実質的な価値は大きく下がってしまいます。いわゆる「リスクを取らないことのリスク」です。
 
このことはこれからの時代において、とても重要になるような気がします。
 

2011/02/13

関西出張してました

水曜日の夜から今朝まで京都に行ってました。生命保険の案件や、401kの研修、打ち合わせ、FPの師匠であるこの方との面会など色々と充実した出張でした。

木曜日には梅田で打ち合わせをした後、はじめて大阪の串揚げを体験することもできました。タバコの吸い殻も床に捨てるような、お世辞にもきれいとは言えない立ち飲みのお店で、雰囲気は抜群。カウンターに置いてあるアルミの容器に入ったソースにつけて(もちろん2度漬け禁止!)、揚げたての串揚げを美味しく頂きました。

妻にとっては京都は里帰りですが、自分にとっても「帰ってきた」と感じる場所です。社会人になってから5年間を過ごした京都での日々は、自分にとっては青春時代のような感じです。

よく京都の人は閉鎖的だとか腹黒いと言って、京都は住みづらいという人に会ったことがありますが、自分はあまり気になることはありませんでしたし(やや納得する部分もありますが・・・)、京都は大好きな街です。

また、同期らと飲みに行ってもノリツッコミもうまくできませんが、関西人や関西の雰囲気は好きです。

やはり定期的に関西に行ってエネルギーをチャージする必要があります!
 

2011/02/09

手数料無料のフラット35

愛媛銀行がフラット35の金利引き下げと、手数料無料キャンペーンを、今月より開始しました。ウェブサイトを見たところ、概要は以下のとおりです。


☆金利引き下げ
 以下2項目を満たす場合、通常金利より0.15%引き下げ

 (1) 愛媛銀行で公共料金の引落3項目以上を利用または申込
 
 (2) ひめぎんJCBカード「asita」を利用または申込

 【2011年2月の借入金利の場合】

 借入期間20年以下  2.42%(通常) ⇒ 2.27%(引下げ適用)

 借入期間21年以上  2.70%(通常) ⇒ 2.55%(引下げ適用)

 ※フラット35S適用の場合は当初10年間さらに1.00%引下げ

 
☆融資手数料無料キャンペーン
 以下の条件に該当すれば融資手数料(融資額×2.1%)が無料
 
 【条件】愛媛銀行で給与振込か年金受取を利用または申込
 
 
引下げ適用後の金利は全国的にもフラット35では最低水準です。融資手数料も仮に融資額が3,000万円の場合なら63万円なので小さくありません。
 
給与振込の口座にするのはやや難があるかもしれませんが、福山と尾道にも支店があるので、福山・尾道近辺に住まれている方にとっては選択肢となりうるかもしれません。
 
キャンペーン期間は、年内(2011年12月30日まで)の借入または事前審査申込が対象のようですので、今年住宅ローンの借入を予定していて、フラット35を検討されている方はチェックしてみてください。
 

2011/02/08

堂島ロール

 
昨日、研修で広島市内に出張した妻に買って帰ってもらったモンシュシュの堂島ロール。
 
柔らかいケーキ生地の中に、フワフワのクリームがたっぷり。ミルクの風味がしっかりと効いていますが甘さは控えめで、一切れだけのつもりがついもう一切れ食べてしまいました。
 
今までに食べたロールケーキの中では抜群に美味いですね。さすが有名なだけあります。

あと、おまけにもらったという「バラのフィナンシェ」がまためちゃうまでした。食べたのはグリーン(抹茶風味)ですが、しっとりと濃厚で、抹茶の風味も効いていてはまりました。

堂島ロールもいいけど、バラのフィナンシェもまた食べたいです。
 

2011/02/05

クレイトンベイホテル


呉での宿泊先は「クレイトンベイホテル」。なかなか立派なホテルですが、楽天トラベルで5千円台でした。


中心部からは少し離れていますが、呉駅前まで30分おきに無料シャトルが出ています。


部屋はいたってシンプルですが、広さは十分。無線LAN(無料)もあります。但し、シングルルームは山側なので窓から海は見えません



夕食は外で済ませたのですが、ホテルに戻って最上階(11階)のフレンチレストランに1杯だけ飲みに行ってみました。



ブルーのライティングがお洒落で、落ち着いたいい雰囲気だったのですが、バータイムの利用は自分一人だけ。ファジーネーブルを飲みながら、マインドマップの本を読んでました。


そのうちジャズの生演奏も始まりましたが、これも独り占め。なんだかすごく贅沢な気分でした。



朝食は1階のイタリアンレストランで。内装はお洒落ですが、メニューは普通のビジネスホテルと変わりませんでした。それで十分ですが。



コストパフォーマンスを考えると、よい宿泊だったと思います。