広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2011/06/20

松平不昧公好み皆美家伝鯛めし


明日は朝から松江市内の高校で生徒向けのキャリア講演なので、今日は松江に宿泊です。そこで今夜は、松江に来るたびにいつか食べたいと思っていた名物鯛めしを食べに行ってみました。
 

その鯛めしがあるのは明治22年(1888年)創業の歴史ある料理旅館で、島崎藤村ら文人ゆかりの宿である「皆美館」。食事は1階にある「庭園茶寮みな美」でいただきました。



最初に出てきたお皿。奥の籠のような蓋の下にはお造りがあります。手前のもずくが酸っぱ過ぎない上品な味で美味しかったです。


カレイの煎餅揚げは二度揚げしてあるので骨までパリパリ。まさに煎餅のように食べられました。


サーモンと海老のサラダ。器も盛り付けもきれいでした。


そして、いよいよ〆でありメインの鯛めし、「松平不昧公好み皆美家伝鯛めし」です。


海苔で隠れているけど奥に盛られているのが鯛のそぼろ。そして左側は玉子の白身で、右側が黄身です。あとは青葱、大根おろし、わさび。


これをご飯の上にのせて、秘伝のダシをたっぷりかけてから、お茶漬けのように混ぜて食べます。お酒は飲んでいませんでしたが、もし飲んでいたら味が分からなかったのではないかと思うくらい素朴で繊細な味でした。


松江七代藩主・松平不昧公がオランダ料理を参考にアレンジしたのが原点ということですが、そのヒントになったオランダ料理がどのようなものだったのか気になります。食後はこの旅館が自慢とする枯山水式庭園を見せて頂きました。



趣きのある空間で伝統的な料理をいただき、いつもの一人ご飯とは違う、ちょっと贅沢な夕食でした。

  

0 件のコメント: