広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2010/09/30

中国5県制覇!?

一昨日は山口県下松市の高校で、2年生の生徒さんに進路・キャリアに関する講演をさせて頂きました。

講演の中で、「登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる。」というソフトバンク(株)孫正義社長の言葉を紹介させて頂きました。

今の日本の状況を考えると、残念ながらのんびりと人生を考える余裕がなくなってきており、若いうちから将来を見越して行動、決断していく必要性が今まで以上に増しているように思います。

もちろん若い時にはわからないことも多く、目指すものが変わることもあると思います。私自身、社会人になってからも最初は国際的なビジネスマンを志して海外営業としてのキャリアを進んでいたものの、途中で登る山を変えて今の仕事をしています。
 
ただ登りたい山が見つかっていなくても、常に「自分の登りたい山は何か」を考えて過ごすのと、何も考えずに過ごすのとで、今後は大きな違いが生まれるのではないかと思います。そういう意味で、高校生の皆さんにも「自分の登りたい山は何か」をこれから考えていってもらいたいという気持ちでこの言葉を紹介しました。

講演終了後に校長室で先生方と話していたときも、進路担当の先生が「まさに生徒たちに登りたい山をみつけてほしい」とおっしゃっていました。今回の講演が少しでも生徒さんが自分たちの将来を考えるきっかけになれば幸いです。

ところで、山口県の高校での講演は今回が初めてでしたが、これで中国5県全てを制覇(?)したことになりました。今週末は島根県、来週は岡山県ですが、今まで以上にがんばっていきたいと思います。
 

2010/09/29

神戸旅行(3)


今回宿泊した神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、3Fのロビーの正面に駐車場があるので、車を停めてすぐにホテルに入ることができました。屋根もあるので雨が降っていても濡れることはありません。駐車場は12時から翌日のチェックアウト時刻までで1,500円です。



ロビー中央は吹き抜けのアトリウム。パームツリーが立ち並んでいて、リゾートっぽい雰囲気を醸し出しています。



宿泊した部屋は7Fのコンフィルフロア。コンフィル(Com'fill)とは、やすらぎ(Comfort)に満ちる(fill)という意味の造語だそうです。インテリアは世界的なデザイナーの手によるものということで、洗練された落ち着いた雰囲気の部屋でした。



コンフィルフロアのバルコニーは少し広め。テーブルと椅子もあるので、ここでお茶したり、本を読んだりするのもいいかも。今回は東側(メリケンパーク側)の部屋だったので、神戸大橋やポートアイランドが見えました。西側(モザイク側)の部屋を指定する場合は追加料金がかかるようです。
 


朝食は3Fのテラスレストラン「サンタモニカの風」で。朝食の時間が11時までと長いので、朝ゆっくり寝て、少し遅めにブランチとして食べるのもいいかもしれません(ホテルのチェックアウトは通常12時)。
 




今回は「開業15周年プラン」ということで、お得な料金でコンフィルフロアに宿泊することができ、チェックイン時にはホテルのマスコット「メリ犬」のストラップ、焼き菓子(マドレーヌ)、そして抽選のプレゼントでハーブティーセット(ティーバッグ4個)が貰えてちょっとお得な気分でした。

 

2010/09/28

神戸旅行(2)

夕方には神戸港の遊覧クルーズにも行ってみました。神戸港にはいくつも遊覧船がありますが、今回乗ったのは『海賊船ヴィラジオイタリア』。子どもが喜びそうな外観だったのでこの船にしました。約40分のクルージングで一人1,000円ですが、HPでお得情報のページを印刷していくと200円割引で800円になります。



船内もメルヘンチックで、まるでテーマパークのアトラクションのようでした。息子は喜んで海賊ごっこをして遊んでいました。ずいぶん涼しくなったので、甲板に出ていると海風が気持ちよかったです。



17時30分出港の便に乗りましたが、ポートアイランド、川崎造船のドックを回って中央突堤に戻る頃には空も暗くなり、海上から神戸の夜景が楽しめました。
 


ポートタワー、海洋博物館、モザイク、メリケンパークオリエンタルホテルといったランドマークも全てライトアップされてとても綺麗でした。




遊覧クルーズから戻ると家族と別れて自分は一人キース・ジャレットのコンサートに向かったのですが、コンサートからの帰りもハーバーランドまで地下鉄に乗って、そこから跳ね橋や赤レンガ倉庫、モザイクの夜景を楽しみながらホテルまで歩いて帰りました。



ホテルの部屋に戻ってバルコニーに出ると、そこからもポートタワーと海洋博物館、そしてメリケンパークの向こうに街の夜景が見えました。神戸は夜景が素敵な街です。



 

神戸旅行(1)

キース・ジャレットのコンサートが神戸だったので、週末は久しぶりの神戸観光。11時頃到着すると大丸神戸店の駐車場に車を停めて(3000円以上の買い物で2時間無料)、まず向かったのは南京町。屋台の料理を食べ歩きしました。色々食べたけど、いちばん美味しかったのは「フカヒレあんかけ炒飯」(400円)。お店の名前は忘れましたが、ボリュームもあって満足でした。
 


食事を終えると次はポートタワーの隣に建つ「神戸海洋博物館」の中にある「カワサキワールド」へ。カワサキのバイクや0系新幹線、ヘリコプターや水上バイクなど色々な乗り物が展示されていて、実際に乗ってみることもできるので、男の子は喜ぶと思います。息子も大興奮でした。





この日の宿泊は神戸のランドマークでもある「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」。阪神淡路大震災の年にオープンしたので今年で開業15周年ということです。白い波をイメージしたという曲線的な外観デザインが印象的ですが、ホテルの下が中突堤のターミナルになっていて、この日は夕方に日本を代表する豪華客船「飛鳥Ⅱ」が入港しました。さすがに大きかったです。



 

2010/09/27

キース・ジャレット・トリオ


昨夜はキース・ジャレット・トリオのコンサートに行きました。会場は神戸国際会館。キースのコンサートに行くのは5~6年振りなのでとても楽しみにしていましたが、現在では世界一と言っていいジャズ・ピアニスト、そしてトリオとしても世界最高峰だけあって、素晴らしい演奏に最後まで魅了されっぱなしでした。


今回はチケット購入が少し遅かったので座席は2階席でしたが、端の方だったので比較的ステージにも近く、上からだと鍵盤の上のキースの手の動きがよく見えてなかなかよかったです。お客さんの年齢層は比較的高めですが、若い人も結構多く、また外国人の姿も目立ちました。ソロのときは即興演奏が多く、ものすごく緊張感が張り詰めてますが、トリオのときは「スタンダーズ・トリオ」だけあってスタンダードの曲が多く、ややリラックスして聴ける雰囲気です。

 
もう20年以上続く世界最長のトリオで、キース・ジャレット65歳、ゲイリー・ピーコック74歳、ジャック・ディジョネット68歳というおじいちゃん3人ですが(笑)、その演奏は圧巻だったし、最高にかっこよかったです。次回はいつ日本に来るかわかりませんが、できれば次回の来日公演も行ってみたいです。

 

2010/09/25

大覚寺 観月の夕べ


昨晩は嵯峨野にある大覚寺の「観月の夕べ」に行ってきました。大覚寺は平安時代初期に嵯峨天皇が建立した嵯峨離宮を前身とする皇室ゆかりの寺院。そして嵯峨離宮を造営したときに唐の洞庭湖をモデルにつくった日本最古の人工池(林泉)が大沢池ということです。「観月の夕べ」では大沢池に設置された特別舞台で満月法会が行われます。




そしてメインイベントは龍頭鶏首舟に乗って抹茶とお菓子を頂きながらのお月見。水面に映る月を観るのが風流らしいですが、残念ながら昨日は月が出ませんでした。。舟席券は当日の16時から発売され、17時台・18時台・19時台・20時台から選択して先着順で購入できます。自分は18時台にしましたが、17時台だとまだちょっと明るいと思います。
 


月は観れなかったものの、嵯峨天皇と弘法大師空海も舟遊びをしたという大沢池は1200年前と変わらない景色だそうで、虫の音と舟を漕ぐときの水の音を聞きながら真っ暗な池を舟で回るのは風情がありました。



宸殿ではヴァイオリニスト松浦梨沙さんのソロ演奏と京都嵯峨芸術大学の学生による琴の演奏が行われていました。心地よい夜風にあたりながら、お寺の境内というシチュエーションでヴァイオリンや琴の生演奏を聴くのもなかなか雅な感じでした。




境内には2ヶ所茶席が設けられている他、模擬店もあるので食事もできます。また堂内の夜間拝観もあるので、色々と楽しみながらのんびり境内で過ごすことができると思います。月が出なかったのはちょっと残念でしたが、大覚寺の「観月の夕べ」よかったです。