広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2010/04/05

原点

今日は息子の保育園初日。送迎は妻に任せるつもりだったけど、どうしても気になったので一緒に付いて行ってしまった。普段から甘えん坊でママにべったりなので、別れるときは絶対に泣くだろうと思っていたけど、予想に反して元気に「バイバイ!」と言って他の園児たちが遊んでいる園庭に駆け出していった。門を出てからも様子を見ていると、滑り台を滑ろうとしていた息子が気付いて大きく手を振った。それを見て安心して家に帰った。

そして12時半に今度はお迎え。黄組の部屋の前まで来ると、息子の元気な声が聞こえてきた。楽しそうに遊んでいたけど、妻の姿が見えるとすぐに寄ってきて抱きついた。少し泣きそうな顔になったけど、涙は流さなかった。先生に話を聞くと、我々が帰った後もずっと元気に遊んでいたみたいで、トイレも一人で行けたらしい。ズボンは逆さまに履いて帰ってきたらしいけど(笑)本人に聞くと小だけじゃなく大の方もしたらしい。初日から一人でウ〇〇も出来たなら立派なものだ。お尻も自分で拭けるようになってたなんて父は知らなかった。給食のキュウリは食べなかったらしいけど、まぁ許そう。
 
先生から息子の様子を聞いてほっとしたのと、何だかとても嬉しい気持ちに満たされて保育園を出た。帰りは甘えん坊の息子に戻ったので妻がずっと抱っこしていたけど、途中で交替して自分が肩車をして家まで歩いた。肩にかかる重みに息子の成長を実感した。
 
家に戻り、仕事机に向かうとふと思った。ファイナンシャルプランナーとしての仕事も、保険の仕事も、この自分自身の子どもや家族に対する思いこそが原点ではないかと。

家族が健やかに楽しく暮らしていけることが一番の願いだし、今は息子の成長が最大の喜びである。これからもどんどん成長していく息子には出来る限り色々な経験(試練も含めて)やチャレンジの機会を与えてあげたい。人生の選択をするのは本人だけれど、できるだけ後悔のない人生を送るためにも、広い世界を見て、多くの人に出逢い、多様な価値観に触れ、その中で自分がやりたいことを見つける。その機会を得る手伝いだけはしてやりたい。そのためには教育資金をはじめとしてしっかりした計画、つまりライフプランニングが必要になる。

また、いくら5年後のこと、10年後のことをしっかり考えていたとしても、もしかしたら明日人生の終わりが来るかもしれないのが人間の宿命でもある。もし明日自分の人生が終わるとしたら、一番に考えるのはやはり家族の生活である。そんなことはあって欲しくないけど、万一そんなことがあったとしても、妻と息子が少なくとも生活に困窮することなく、息子には大学卒業までの教育を受けさせてあげられるだけのお金は残したいし、残せると思ったら少しは人生の不安もなくなる。それこそが生命保険である。
 
この自分の思いと同じように、お客様にも大切な家族への思いがあることを忘れないようにしたいと思った。
 

0 件のコメント: