広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2010/04/12

英国留学記(18) パリ

11年前の留学記 Part 18
(久しぶりの更新。前回までは右側のLabelで「留学」を参照。)


欧州周遊の旅、最後の訪問都市はパリ。ニースから夜行の特急に乗って、早朝パリに到着した。パリでは団体ツアーで同じように欧州を旅行していたクラスメイトのN子と会う約束をしていたので、事前に聞いていたN子の宿泊するホテルに部屋をとった。この旅では初めてまともなホテルに泊まった(と言っても郊外の三つ星クラスのホテル)。


昼間は一人でパリ市内を歩き回り、エッフェル塔や凱旋門、ノートルダム寺院やルーブル美術館などを見て歩いた。ルーブルはさすがに広いので、モナリザをはじめとして有名どころの絵画や彫刻だけ見て回った。


N子とは夜に待ち合わせをしていたので、二人でセーヌ川のクルーズに出掛けた。セーヌ川から見上げたライトアップされた河岸の建造物やエッフェル塔が感動的なほどきれいだったのは印象に残っている。そして、N子が「こういう所はそういう相手と来たいよねぇ」とつぶやいたことも。


パリの2日目もただひたすら市内を歩き回った。パリと言えばミシュランの星付きレストランやスウィーツを楽しみたいところだけど、学生バックパッカーの貧乏旅行なので当然そんな余裕はなかった。唯一パリ気分に浸れた食事は、道端のカフェで飲んだカフェオレくらいだった。


ちなみに休暇後に学校に戻ると、中国人のクラスメイトがパリでお金を脅し取られたと言っていた。道を聞いたら「案内してあげるよ」と言うのでついていったら、路地裏でナイフを出してきたらしい。それはちょっと不用心。自分は道を聞くのはお店の人か女性と決めていた。

パリからロンドンまでは夜行のバスで戻った。往路のアムステルダム行きのバスは、海底トンネルを列車に引かれてドーバー海峡を越えたけど、パリからのバスはフェリーでドーバー海峡を渡った。おかげで狭いバスから降りてフェリーの中でコーヒーを飲んで寛げた。そして、ロンドンからはいつものNational Expressでボーンマスに帰って16泊(バス車内2泊、列車内9泊、ホテル/B&B5泊)の欧州周遊の旅を終えた。

思い返すとすごく懐かしくてヨーロッパに行きたくなるけど、さすがに同じ旅程で旅することは今の自分にはキツイかも。やはり、若い時にしかできないことは無理してでもやっておくべきだと思う。

0 件のコメント: