広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2010/02/17

北京旅行記(4)

3日目も朝は早く、7時半にホテルを出発。最初に向かったのは北京動物園のパンダ館。パンダは早めに見にいかないと昼になると寝てしまうらしい。生で見るパンダは愛嬌たっぷりで、その佇まいを見ていると某損保会社の某支社の前支社長を思い出した。





次に向かったのは今回の旅4つ目の世界遺産『天壇公園』。祈年殿は中国最大の祭壇で、美しく威厳のある佇まい。そして公園内ではトランプに興じるおじさん達、音楽を鳴らしてダンスをしている人達、太極拳をしている人達などがそこかしこに見られ、地元の人達の生活が垣間見れた。






そして、午前中最後に訪れたのが個人的には今回の旅で最も楽しみにしていた『天安門広場』。毛沢東の肖像画が掛かる天安門は数々の歴史的舞台になった場所でもあり、中国と言えば真っ先に思い浮かぶ象徴的な場所なので以前から一度は来てみたいと思っていた。なので、その場所に来られた感慨にしばしひたり、正面に広がる広場を見ると「この場所で・・・」と想像したりした。



この日の昼食は山西料理。山西料理で代表的なのは「刀削麺」。テーブルの前で麺を削るパフォーマンスもしてくれたけど、料理の味はやっぱり・・・(ツアーなので文句は言わない)



午後からはいよいよ故宮博物院(紫禁城)。これが最後となる5つ目の世界遺産。そのスケールは圧倒的で、立派な建造物にも見飽きるほど(笑)歩き疲れて足の裏が痛くなったけど、最後には景山公園に登り、故宮の全景を眺めた。








四川料理の夕食を終えてホテルに戻ると、この日もまたすぐにタクシーで出掛け、前門大街へと向かった。ここはオリンピック前に再開発されて古い街並みが再現されており、新しいけどレトロな雰囲気が漂っている。夜は遠慮なくライトアップされていてとても綺麗だった。







その後、F君のリクエストで初日の夜にも行った世貿天階のCJWに行ってみたけど、あいにくこの日はシャネルが貸切でパーティーを開催していて中に入ることができなかった。さらに帰りはタクシーがつかまらず、仕方なく輪タクのおっちゃんと交渉して乗ることにした。氷点下の北京で夜中にオープンの輪タクは恐ろしく寒かったけど、これはこれでいい経験だった。おっちゃんもニコニコして愛想のいい人だったので、最初は値切り交渉したけど最後にはチップもはずんであげた。そして、結局この日も『松霖保健』でマッサージを受けて、北京最後の夜を締めくくった。



つづく

0 件のコメント: