広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2009/10/30

KY?

明日の仕事の前泊で松江に来ています。

以前は仕事に出ようとすると「イヤだ~!」と言って泣いていた息子も、最近はあっさりしてきて、「今日はパパ帰らないよ」と言っても、普通に「バイバーイ」と見送ってくれました。これも成長の証なんでしょうけど、ちょっぴり寂しいです。

さっき電話をしたときも、ちょうどドラえもんを見ている最中だったみたいで、あまり喜んだ様子はなく、「明日は朝早く(京都に)出掛けるんだから、早く寝るんだよ」と言ったら、「今ドラえもん見てるんだよぉ!」と若干逆ギレされました。。

2歳児(もうすぐ3歳)に話しかける時も空気を読まないといけません・・・

2009/10/28

生命保険の診査

生命保険や医療保険を申し込むときには健康状態の診査や告知が必要になりますが、これは確率に基いて保険料等が決定される生命保険において、加入者間の公平性を保つ目的があります。
 
したがって健康状態から病気や死亡のリスクが高いと判断されれば、加入を拒絶されたり、あるいは特別条件が付いて、通常より高い保険料を適用されたり、一定期間保険金が削減されたり、特定の部位の疾患については保障の対象外とされる場合があります。
 
以前、あるお客様(仮にAさんとします)も診査の結果「尿糖値」が高く、またもう一つ陽性項目があって、生命保険については大幅な特別保険料が適用され(通常のほぼ2倍)、医療保険については引受けを拒絶するという回答が返ってきたことがありました。
 
保険会社の営業担当者も「尿糖値については厳しく見られるので仕方ないですね」(※あくまでその担当者の私見)と言いましたが、Aさんに確認したところ、尿糖は子どもの頃からいつも高かったけど特に健康に問題はないとのことでした。
 
そこで過去の記憶が蘇りました。かつて私が海外営業をやっていた医療機器メーカーは糖尿病検査のパイオニアとも言うべき会社(?)だったので、私も多少は糖尿病や検査のことを勉強したのですが(今では9割以上忘れていますが・・・)、そのときに血糖値は正常でも尿中に糖分が出る「腎性糖尿」という症状があり、これは疾患ではなく治療の必要もないということを聞いたような記憶があったのです。そして、Aさんの話を聞いてみると、どうもそのような感じでした。

そこで、保険会社にその旨申告し、Aさんには状況をご説明の上、再度血糖値やHbA1c(ヘモグロビンA1c)を含む血液検査を受けて頂いて(この場合、検査代はご本人負担になります)、保険会社に再診査をしてもらうことにしました。

その結果、生命保険の特別保険料はかなり削減され、医療保険も特別条件は付きましたが加入が可能になり、Aさんにはご契約頂きました。

このように生命保険には厳しい診査があるのですが、一度出た結果が必ずしも絶対というわけではありません。我々募集人も、保険を提案するということはその相手に保険が必要と考えているわけですから、その人が必要な保障をより良い条件で手に入れられるように最善を尽くす義務があると思います(もちろん、「事実に基づき、正当なプロセスを経て」という前提ですが)。

尚、診査や引受けの基準は保険会社によって異なりますし、個々の診査・告知内容によっても結果は違ってきます。また募集人も詳細な情報は知りえないので、確実なことは何も言えません。

2009/10/26

TLC



生命保険大学課程の全6科目に合格したので、「トータル・ライフ・コンサルタント:TLC」(生命保険協会認定FP)に認定されました。
 
これで損保も生保も業界の資格試験はひとまず完了ですが、まだまだ勉強しなければならないことは山ほどあるので、この仕事を続ける限り終わりはありませんが、引き続き自己研磨に励みます。

2009/10/23

裸でも生きる2




先日東京に行ったときに新幹線の中で読みました。前作もすごく感銘を受けたけど、今作も感動し、インスパイアされ、とにかくシビレました。
 
信じていた仲間に裏切られ、人を信じられなくなりそうになり、事業も窮地に追い込まれ、でも強い信念を持って逆境に打ち克っていく。
 
そんな姿に単純に「すごいなぁ。」という感想しか出てきませんが、「行動しなければ何も始まらない、何も変わらない」ということを前作に続いて強く感じました。

自分は何もしないで他人のしていることを批評したり、行動を起こす前にできない理由、やらない理由を見つけようとする人はたくさんいますし、自分の中にもそんな自分がいます。
 
でも、著者の生き方を見ていると、限られた人生をそんなことに費やすのはすごくもったいないことのように思えてきます。

著者自身はそれをバングラデシュの人々から教えられたようですが。

「バングラデシュで見てきた現実の中で、自分の人生に最も影響を与えたものは、明日に向かって必死に生きる人たちの姿だった。ただただ生きるために、生きていた。そんな姿を毎日見ていたら、バングラデシュの人が自分に問いかけているような気がした。『君はなんでそんなに幸せな環境にいるのに、やりたいことをやらないんだ?』と。他人にどう言われようが、他人にどう見られ評価されようが、たとえ裸になってでも自分が信じた道を歩く。それが、バングラデシュのみんなが教えてくれたことに対する私なりの答えだった。」(プロローグより抜粋)
 
ジョン・ウッドの『マイクロソフトでは出会えなかった転職』とこの『裸でも生きる』、『裸でも生きる2』は我が家の『将来息子に読ませたい文庫』に今のところ収められている3冊です。今は新幹線の図鑑が大好きな息子も、中学生か高校生になったらこういった本を読んで、人生や、仕事や、お金や、世界について彼なりに考え、何かを感じてほしいと勝手に期待しています。

2009/10/21

commu.のヘッドスパ

オープン1周年を迎えられたコミュ.さんで、ヘッドスパを体験しました。

ヘッドスパは5種類のアロマエッセンスから気に入った香りを選び、そのアロマエッセンスを使ってヘッドマッサージやトリートメントが受けられます。私は男なので「男性におすすめ」という"Men's Kiss"というブレンドエッセンスを選びました。
 
初めての体験でしたが、アロマの香りを楽しみながら気持ちのいいヘッドマッサージが受けられ、至福のひとときでした。終わった後は、頭皮も頭の中もスッキリした気分です。

コミュ.さんでは、トリートメントやスチームの機械もこだわり抜いてセレクトしたものを使っており、壁一面の窓からは尾道水道の海が見えるという景色も最高の場所です。

頭皮と髪の健康、そして心のリフレッシュにコミュ.さんのヘッドスパはお勧めです。


2009/10/19

火災保険の特約

先々週は大阪のお客様、先週は東京のお客様に長期の火災保険をご契約頂きましたが、火災保険をご提案するときに、必ずと言っていいほどご案内する特約が2つあります。
 
それは「個人賠償責任担保特約」と「類焼損害担保特約」です(いずれも保険会社によって特約の名称は異なります)。
 
「個人賠償責任担保特約」は住宅の所有・使用・管理あるいは日常生活に起因する事故によって、他人にケガをさせたり、他人の財物に損害を与えたことによって、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。
 
例えば、マンションで洗濯機の水が溢れて階下の部屋に損害を与えてしまったり、ベランダから誤ってモノを落としてしまい、下にいた人にケガをさせてしまった場合などが考えられます。また住宅に関係する事故に限らず、日常生活に起因する事故全般が対象になるので、例えば以前のエントリーに書いた自転車事故や、子供が他人の車にキズを付けてしまったり、友達にケガをさせてしまったり、お店の商品を破損させてしまった場合なども基本的には支払いの対象になります。補償の対象となるのは契約者のみならず、配偶者および生計を共にする同居の親族や別居の未婚の子まで含まれます。

「類焼損害担保特約」は自宅から発生した火災、破裂・爆発によって近所の建物に類焼した(燃え移った)場合に、その建物や家財に生じた損害を補償する特約です。具体的には損害を被った人が加入している保険から支払われた保険金額を差し引いて支払われることになります。
 
日本には「失火ノ責任ニ関スル法律」(通称「失火責任法」)という明治時代に制定された法律があり、「民法第七百九条ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス」と定められています。つまり、失火で隣家に類焼した場合も、その失火に故意・重過失がない場合は、損害賠償責任を負わないことになっています。

そうすると類焼した建物の所有者は自身の加入している火災保険から補償を受けることになりますが、隣人が必ずしも十分な火災保険に加入しているとは限りません。そのような場合、仮に法的には損害賠償責任を負わないとしても、自分の家から起こした火災で他人に損害が及んだのに知らん顔ができるでしょうか?ましてや見ず知らずの人ではなく、日頃から顔を合わせたり、お付き合いしているご近所の人です。
 
これら2つの特約はいずれも自身が「加害者」になった場合の補償ですが、加害者になることはもしかしたら被害者になること以上に苦しいことではないかと思います。万一そのようなことになった場合の人間関係や、自身の心理的負担、そして経済的負担の可能性を考えると、これらの特約は付帯しておく価値があると思います。

※具体的な補償内容等は各保険会社あるいは代理店にご確認ください。

※個人賠償責任担保特約は自動車保険等その他の保険契約あるいは共済契約に付帯されている場合もありますので、重複がないかご確認ください。
 

2009/10/18

東京タワー

 
以前働いていた会社のビルからも東京タワーは見えていましたが、実際に行ったことはなく、今回お客様との面会の前に初めて行ってみました。
 
 
大展望台(150m)の入場料金が820円、特別展望台(250m)はさらに600円ということだったので、大展望台までにしましたが、それでも360度東京の街を見渡す景色は絶景。
 
 
夕方に行ったので、夕暮れから徐々に空の色が変わっていき、それにつれてビルの灯りが明るく輝いていく様子が見られてとてもきれいでした。
   
 
でもやっぱり一番感動的だったのは、真下から見上げた東京タワーでした。
 
 

三井ガーデンホテル汐留イタリア街

東京に行くときはいつも旅行会社で飛行機(新幹線)と宿泊がセットになった出張プランを予約します。予定を変更できないというデメリットはありますが、通常の料金で手配するよりも随分安くなります。今回も出張プランで、ホテルはお客様との待ち合わせ場所(前の職場)に近い三井ガーデンホテル汐留イタリア街にしました。
 

2007年にオープンした新しいホテルということもあり、とてもきれいで洗練された雰囲気でした。部屋はシングルからツインにアップグレードしてくれたので広さは十分で、無料インターネット、ズボンプレッサー、空気清浄機と設備も充実していました。あと、椅子の座り心地がとてもよかったです。東京タワーの見える部屋もあるようです。
 
 
最上階には大浴場もあるので行ってみましたが、清潔で気持ちよく風呂につかることができました。1階のレストランもお洒落な雰囲気で、朝食は平均的なビジネスホテルと比べると内容も味もよかったです。
 
 
場所は浜松町駅と新橋駅の中間で、どちらの駅からも徒歩10分前後と比較的便利な場所です。羽田空港や品川駅へのアクセスもよく、銀座や東京タワーは徒歩圏内、ゆりかもめ汐留駅からお台場にもすぐ行けるので観光にもお勧めのホテルです。
 

2009/10/17

ロイヤルパーク汐留のフォアグラオムレツ

 
今日はお客様でもあり、長年仲良くさせてもらっているTさんご夫婦とロイヤルパーク汐留タワーの「ハーモニー」でランチをしました。ブッフェ形式のランチですが、とても人気で今日も予約客で一杯でした(ほとんどが女性客)。
 
目玉は目の前で一枚ずつ焼いてくれる「フォアグラオムレツ」で、これを楽しみに来たのですが、フォアグラと卵が絡み合ってとても濃厚な味わいで美味しかったです。
 
 
この他にもガンバス(海老のソテー)やステーキの他、お洒落な料理が色々ありました。デザートで食べたこれも一人分ずつ調理してくれるパイナップルのフランベにココナッツのシャーベットを添えたものも美味しかったです。
 
久しぶりにTさんご夫婦にお会いし、楽しく会話しながら美味しいランチを食べられて大満足だったのですが、それに加えてちゃっかりご馳走になってしまいました。。私からお誘いしておいて恐縮なのですが。
 
Tさん、今日はご馳走様でした!
 

ナイルレストランのムルギーランチ

 
昨日のランチは東銀座駅近くにある1949年創業の日本初の本格インド料理店「ナイルレストラン」で、名物の「ムルギーランチ」を食べました。
 
 
ムルギーとは鶏のことで、いわゆるチキンカレーです。イエローライス、カレー、骨付きチキン、温野菜が一つのプレートに盛られていますが、チキンは食べる前に店員さんが骨をはずしてくれます。
 
 
そして全部を混ぜ合わせて食べるのですが、それほど辛くはなく、思ったよりシンプルな味でしたが、大阪のインデアンカレーと同様、なんとなくクセになりそうな味でした。食べたくなってもなかなか来れないですけど。
 

東京で火災保険のご契約

昨日から東京に来ています。
 
前職の先輩がマンションをご購入されて、長期の火災保険をご契約してくれたのです。前職のチームの先輩・上司に火災保険をご契約頂くのは今年に入って3件目ですが、わざわざ広島にいる私に声を掛けて頂き、ご契約頂けるのは本当にありがたく、嬉しいことです。
 
昨晩は申込手続きの後に久しぶりにその先輩Sさんと新橋で飲みました。Sさんは米国育ちなので英語はペラペラ、思ったことは誰に対してもはっきり言う、無駄が嫌いで仕事の合理化が得意、文書もむやみにプリントアウトしないので机の上がいつもきれい、そしてとにかく仕事が早い、そんな方でした。でも、面倒見がよくて、全く壁を作らない人なので、私も何度となく助けてもらいました。そんなことを思い出しながら会話を楽しんでいると、つい飲み過ぎて酔ってしまいました。。
 
Sさん、昨日はありがとうございました。スワローズの勝利を祈っています!

2009/10/15

ホテル ユニバーサルポート

 
USJで宿泊したホテル「ホテル ユニバーサルポート」。
 
 
部屋はスーペリアだったけど、それでも34㎡あって十分ゆったりできるし、清潔感があって快適だった。あと、バス・トイレが別になっていて、広いバスタブと洗い場があるのが子連れにとっては嬉しかった。
 
 
今回、楽天トラベルで予約したプランは、ブッフェディナー(通常3,960円/人)付きで1泊14,000円(大人2人+添い寝幼児)。食事も美味しかったし、なかなかお得な感じだった。3,000円分は楽天ポイントを利用したので、実際の出費は11,000円で済んだし。
 
 
ちょうどハロウィーンの時期だったので、ロビーフロアにはいたるところにジャックランタンが。息子も「かぼちゃ、かぼちゃ」と言って喜んでいた。
 
 
さらにフロントの後ろは大きな水槽になっていて、本物の熱帯魚が泳いでいた。これにはビックリ。
 
 
今回のプランは朝食は付いていなかったので、朝食はカフェのブレックファーストセット(500円)で済ませた。若いころはホテルといえば朝食が何よりの楽しみでバカみたいに食べていたけど、いつの間にかそんなに食べられなくなってしまったし、魔の2歳児を連れていると、のんびり優雅に食事なんてできないので、それで十分だった。
 
 
USJのゲートからの距離でいくと、このホテルは他の3つのホテルに比べると少し離れているけど、そうは言っても徒歩3分~5分程度なので全く気になるほどではなかった。
 
 
もし、またUSJに宿泊するときは利用したいと思うホテルだった。
 
 

2009/10/14

USJ

 
京都からの帰りに久しぶりに行ったUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)。そして、息子にとっては初めてのUSJ。
 
 
大人同伴なら身長92cm以上で乗れるアトラクションがいくつかあったので乗せてみたけど、意外と臆病なので、一緒に乗った「ペパーミントパティのスタント・スライド」というウォーター・スライダーでは完全に無言で固まっていたし、「スヌーピーのグレートレース」という小さなジェットコースターでは降りた後に泣いてしまったらしい・・・(そのときは自分は一人別行動で好きなアトラクションに乗っていたので現場にいなかった)
 
 
でも、メリーゴーランドは気に入ったみたいで喜んでいたし、パレードのときもずっと手を振って楽しんでいた様子。コワイだけの思い出にならなくてよかった。後で聞いてみたら「また来たい」と言っていたし、安心した。
 
 
夜のパレードは初めて見たけど、デカくてキラキラのエルモやスヌーピーなどが次々とやってきて、大人も童心に帰って楽しめた。
 
 
ずいぶん疲れたけど、息子にも楽しんでもらえたし、いい充電になった。
 
 

2009/10/13

賃貸住まいのメリット

住宅に関して「買うべきか、借りるべきか?」というのは永遠のテーマですが、賃貸住まいのメリットとしては「ライフステージに応じて、ニーズに合った住宅を選ぶことができる」ということがあります。
 
たとえば、独身で一人暮らしの場合、求める住居の広さは1R~1LDKで十分でしょうし、条件面では家賃重視であったり、あるいは通勤もしくは娯楽に便利な場所ということになると思います。
 
そして結婚してDINKSの時期になると、広さは1LDK~2LDK、条件面では夫婦の通勤や娯楽に便利な場所が優先されます。

その後、子どもが生まれて子育て期(初期)に入ると、2LDK~4LDKで、優先される条件は安全、病院、買物、保育所(幼稚園)、公園・・・など子ども中心にシフトします。

さらに子どもが成長して学校に通うようになると、「子供部屋」が必要になり、子どもの教育(学校/学区)が最優先条件になることも多いようです。また子供部屋も、たとえば男の子2人なら2人1部屋でいいかもしれませんが、男の子と女の子がいる場合は、それぞれに1部屋ずつ必要になるかもしれません。
 
そして、やがて子どもが独立し、さらに仕事もリタイアしてセカンドライフ期に入ると、広い家は必要なくなります。そこで、閑静な環境を求めて田舎に移住したり、あるいは逆に交通や医療、娯楽が充実している都市部中心に郊外から移り住む人もいるようです。
 
こうして考えてみると、ライフステージによって住宅やその環境に求める条件も随分違ってきます。また、転勤や会社の移転、転職などで引っ越しを余儀なくされたり、家族の事情で実家に戻らなければならない場合もあるかもしれません。
 
こうしたときにある程度柔軟に対応できるのは賃貸住まいのメリットだと思います。

※もちろん購入には購入のメリットがあるので、一概に賃貸を推奨するわけではありません。
 

2009/10/12

インデアンカレー

 
大阪にある創業1947年の老舗カレー店『インデアンカレー』。梅田で一人で食事をするときには三番街店によく行きます。
 
ばっしんさんも書いてましたが、ここのカレーは最初の一口を食べた瞬間は甘味が口の中に広がります。でも、次の瞬間には激しい辛さがおそってきて、その後は辛さと格闘しながら食べることになります。味も一般的なカレーとも、インド料理屋のカレーとも違う独特な味ですが、不思議とまた食べたくなる、そんな味です。付け合わせのキャベツのピクルスも辛いカレーによく合います。私がいつも注文するのはレギュラーカレーの玉子入りですが、生卵が辛いカレーにまろやかさを与えてくれてGOODです。「ルー大盛り」を注文している人もよく見かけます。
 
今日もアクティブ・ブレイン・セミナーの帰りに立ち寄ったのですが、昨日もカレーを食べたのと、ちょっと疲れていたので、辛さと格闘するよりまったりと落ち着いて食べたいと思って、初めてハヤシライスを注文してみました。
 
ハヤシライスは普通のハヤシライスと比べてもかなり甘めの味でしたが、昭和を感じさせるレトロな味わい(?)で、こちらもなんとなくまた食べたいと思うような味でした。

アクティブ・ブレイン・セミナー修了しました


今日はアクティブ・ブレイン・セミナーのアドバンスコースを受講してきました。
 
先月のベーシックコースでは大量の単語を記憶する方法を学びましたが、今日はその応用で数字を大量に覚えたり、文章を覚えてスピーチすることに挑戦しました。
 
午前9時半から午後7時までみっちり脳を使ったので多少疲れましたが、今回も満足感とすがすがしさを感じながら帰路につきました。

合計3日間のセミナーを通じて自分の頭にインストールした機能を生かすも殺すも自分次第なので、自宅から事務所までの道のりで「人生を成功に導く20の法則」を思い出しながら、しっかり活用していきたいと思います(参加した人でないと分かりにくい話だと思います・・・)。
 

2009/10/11

嵯峨嵐山

 
今日はある方への贈り物を手に入れるために、嵯峨嵐山に行ってきました。日本でもここにしかないものがあるので。
 
嵐山は妻の実家から比較的近いので、京都に住んでいた頃はよく来た場所の一つです。また、妻の実家に来ると、ときどき嵯峨の有名豆腐店「森嘉」(もりか)の豆腐を買ってきてくれますが、ここの豆腐は本当に美味しいです。
 
今日は午前中に行ってきたのですが、3連休中で観光客がたくさん来ていました。天気もよかったので、歩いていると汗ばんでくる陽気でしたが、日陰は涼しく、嵯峨野の竹林を歩くと気持ちよかったです。
 
 

2009/10/10

32歳になりました

今日で32歳になりました。
 
昨晩は京都市内某所で、私が会長を務めるヘタレな人間の連盟(通称「ヘタ連」)の総会(単なる飲み会)があり、シークワーサーサワーを4杯も飲んだため(自分にしては結構がんばった)、32歳の誕生日は二日酔いでスタート。

日中は現在企画を進めているプロジェクトのアイデアを考えたり、買ったまま読んでいなかった保険法の本を読んだりして普段通り過ごしましたが、夜は妻の実家でお祝いをしてもらいました。但し、息子(2歳)がパパではなく自分の誕生日だと言い張るので、何故かいつの間にか息子の誕生日会になっていましたが。ケーキのキャンドルもちゃっかり息子が吹き消したので、私の出番はありませんでした。そういえば、結婚記念日も息子の誕生日会になってたような・・・
 
誕生日というと節目の一つなので、今まではなんとなく気分新たに目標や抱負を考えていましたが、考えてみると正月も節目、4月も年度始めで節目、さらに会計年度はまた別と、1年間にたくさん節目があり過ぎることに気付きました。そのたびに1年間の目標や抱負を考えても仕方ないなと思い、目標設定の節目はカレンダーどおり正月にすることにして、今回の誕生日は特にそんなことは考えないことにしました。ただ一つ、他の節目と違って誕生日のいいところは、「35歳まであと3年」とか、「あと8年で40歳」とか、中長期的な時間軸で現在地点や目標までの進捗度を確認できること。やっぱり個人にとっては西暦20XX年よりも、平成XX年よりも、自分の年齢が一番リアルに「時」を感じられる気がします。そう考えるとやっぱり誕生日も1年を振り返り、今後のことを考えるにはいい節目なのかなという気もしてきました。

とまぁ、そんなとりとめのないことを考えて過ごした平和な32歳の誕生日でした。

2009/10/07

萬来軒の尾道ラーメン

 
今日のランチは東尾道の「萬来軒」でラーメンを食べました。このお店のラーメンは結構脂っこいのですが、なんとなくクセになる味で、たまにふと食べたくなります。いつも観光客が行列を作っている「朱華園」や「つたふじ」は行ったことがないので比較できませんが、私はここの味が気に入っています。炒飯も同じく脂っこいですが、こちらも美味しいです。
 
このお店は大学生の頃に地元の友人と一緒に食べに来たことがあり、「炒飯が美味しいお店」として記憶に残っていたのですが、それ以来10年以上遠ざかっていたので、2年前まではお店がどこにあったかも忘れていました。ですが、こっちに戻ってきて2年前に友人に久しぶりに連れて行ってもらってから、やっぱりクセになり、たまに(といっても3ヶ月に1度くらいですが)来るようになりました。
 
私にとって尾道ラーメンといえば「萬来軒」です。
  

2009/10/05

交通事故多発交差点

損害保険協会のHPで『全国交通事故多発交差点マップ』が更新されました。
 
都道府県別に事故多発ワースト5の交差点が確認できますが、広島県を見てみるとワースト4位タイで私が住んでいる福山市の「府中分かれ交差点」(福山市入船町1丁目8番14号先)と「福山新橋西詰交差点」(福山市三吉町南2丁目13番17号先)がランクインしていました。
 
ローカルな話をすると、この2つの交差点はポートプラザ(イトーヨーカドーと天満屋ハピータウン)の西側と東側それぞれの道路と国道2号線が交わる交差点で、確かに自動車、自転車、歩行者の交通量は多いですが、自分の経験では「危ない」と感じたことは1度もなく、警察署も近くてなんとなく心理的に慎重になりそうな場所なので意外でした。
 
でも、実際にそれだけ事故が起きているということはリスクが高いと言えるので、注意しようと思います。

何事も自分の主観や経験だけにとらわれず、客観的な事実に目を向けることが大切ですね。

2009/10/03

英国留学記(15) ブリュッセル~アントワープ

10年前の留学記 Part 15
 

ベルギーの首都ブリュッセルは都市の規模はそれほど大きくないけれど、EU本部も置かれていて欧州の中でも存在感の高い都市。
 
 
街の中心には、四方を壮麗な建物が囲み、「世界で最も美しい広場」と言われるグラン・プラスがある。
 
 
また、ブリュッセルで有名なのが「小便小僧」。愛称はジュリアン君らしい。シンガポールのマーライオン、コペンハーゲンの人魚姫の像と並んで、「世界三大がっかり観光名所」(?)なんて呼ばれているみたいだけど、確かにマーライオン以上に拍子抜けだった・・・(コペンハーゲンは行ったことないので分からないけど)
 
 
ブリュッセルの観光は半日ほどにして、列車でアントワープにも行ってみた。アントワープはダイヤモンドの取引で有名だけど、観光スポットとして有名なのは「ノートルダム大聖堂」。ここは日本ではアニメでヒットした『フランダースの犬』のラストシーンでネロとパトラッシュがたどり着いた大聖堂で、ネロが憧れ続けていたルーベンスの絵も実際にある。
 
 
アントワープは小さな港町だけど、とてもきれいな雰囲気のいい街だった。そして、路上のワゴン店で買ったワッフルもさすが本場で美味しかった。
 
 
ベルギーではブルージュも行ってみたい町だったけど、旅程上1日だけの滞在だったのであきらめて、また夜行列車に乗って次の国に向かった。

2009/10/02

FPの情報誌

FP向けの情報誌も色々とあるようですが、私が年間購読しているのは次の2つです。
 
Financial Adviser』(近代セールス社)
この職業に就く少し前から勉強のために読み始めましたが、幅広い情報が得られ、内容もかなり専門的なものが多いので、情報源としても、学習用としても気に入っています。
 
Best Planner』(セールス手帖社)
こちらは生保コンサルティングの情報誌なので、生保に関連した記事が殆どですが、内容はFinanncial Adviserに比べると軽めです。いわゆるトップセールスマンの事例紹介が多いのが特長で、全てが自分にとって参考になるわけではないですが、それでもやっぱり成功している人の事例からは色々な気付きが得られます。
 
あとは購読しているわけではないですが、毎月FP協会から送られてくる『FPジャーナル』や、隔月で住宅金融普及協会から届く『住宅ローンアドバイザー通信』も重要な情報源です。
 
本当は他にも読んだ方がいいものがあるのでしょうが、いずれにしてもFPのカバーする分野は広く、変化も多いので、情報キャッチは大切です(私自身、十分できているわけではありませんが・・・)。

2009/10/01

チャレンジ

昨日は月例の士業の勉強会で、ある提携事業プランについて私から原案のようなものを発表させて頂きました。
 
まだまだよ~く考えないといけない課題がたくさんありますが、大筋は皆さんの賛同も得られ(?)、これから前向きに検討を進めていくことになりました。
 
新しいことを始めるのは簡単ではありませんし、パワーが必要です。また、頑張ってなんとかスタートしたとしても、成果が出る保証はありません。でも、何もしなければ何も得られないということは確かです。
 
だから、失敗するリスクはあっても何かを始める、新しいことにチャレンジすることは大切だと思います。もちろん、成功する可能性を1%でも上げるために、努力と改善を尽くすことが前提ですが。 
 
勉強会のメンバーは、皆さん信頼できて尊敬できる方ばかりなので、なんとか全員にとってメリットのある、そして少しでも人の役に立てるサービスを一緒に作ることができたらいいなぁと心底思います。