広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2009/03/02

三つ心


日曜日の昨日は午後から家族で公園へ。2時間休むことなく遊びまくって、親は疲れたけど息子は楽しかった様子。
 
ブランコに一人で乗ってみたり、角度の急な滑り台も恐がらずに滑ったり、ついこの間までできなかったことが、いつの間にかできるようになっている。花粉が多くてつらかったけど、こうして楽しそうな姿と成長の様子を見られるのはうれしい。
 
最近は言葉もずいぶん喋るようになって、自己主張も強くなった。ご飯を食べるときには「パパ、『いただきます』して!」と父親(自分)に注意するし、何でも「○○くんがする!」と言い張って自分でやろうとする。好奇心も以前に増して強くなって、何かにつけて「コレ何だ?」と質問してくる。
 
あと、最近、彼の中で流行っているのは「お料理ごっこ」と「お店屋さんごっこ」。お料理ごっこのときは手を洗うところから始まって、料理の後は食器を洗って、拭いて、干してと、母親のやっていることを細部まで忠実に再現しているし、お店屋さんごっこのときは店員さんになりきって、「いらっしゃいませ~」「何にしましょうか~」と言っている。その観察力にも驚くばかり。
 
日々、いろんなものや人を観察して、いろんなことを感じ、吸収して、成長しているんだろうなぁ。そんな姿を見ていると、つい身の回りや世の中で起きていることに注意を払うことを忘れ、感性が鈍ってしまっている自分を反省させられる。
 
『三つ心、六つ躾、九つ言葉、文十二、理十五で末決まる』という言葉があるらしい。江戸時代のことわざで「3歳までに心の糸をしっかりと張り、6歳までに日常のさまざまなしぐさを身につけ、9歳までにどんな人にも失礼でないあいさつができるようにし、12歳ではきちんとした文書が書けるように、15歳でものごとの道理が理解できるようにしなければならない。ここで自分の行く末がわかり『志』を持つようになる」という意味とのこと(ベネッセから送られてきた『to three』というフリーマガジンより)
 
今はまだ2歳なので、「心の糸をしっかりと張る」ことを親としても心がけるようにしよう。

0 件のコメント: