広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2008/12/23

英国留学記(5) 留学生活の日常

 
自分が受けたコースの授業は半日で、月水金は午前、火木は午後といった感じだった。午前で授業が終わる日は、午後から街をぶらぶらしたり、週1回BIC(Bournemouth International Centre)にあるジムに通ったりした。授業が午後からの日は、午前中にコインランドリーで洗濯したりしていた。
 
 
学校は国際色豊かで、アジア、欧州、中南米、中近東、世界中から学生が集まっていた。もちろんクラスの中も国籍はバラバラ。ただ、どんな授業だったかはよく覚えていない(いかに真面目に勉強しなかったかがよくわかる・・・)。
 
 
 
ランチは学校のカフェテリアでサンドイッチを買って食べたり、フィッシュ&チップス屋でチップス(フライドポテト)だけを買って食べたりした。ポテトだけといっても量がスゴくて、1ポンド(当時200円くらい)で買ったポテト1袋が辞書よりも重たかった。ポテトはビネガーをかけて食べるのが英国流。これが好きだった。
 
 
でも、ランチで一番思い出深いのは「新地帯」という中華屋さん。学校の近所だったこともあり、ここのEgg Fried Rice(卵とグリーンピースだけのシンプルな炒飯)は何度も食べた。確か1.5ポンドぐらいだったと思う。一見無愛想な中国人のおばさんも印象的だった。
 
 
もう一つ思い出深いお店はTESCO(英国の大手スーパー)。物価が高いことで有名な英国だけど、プライベートブランドの食品などは日本と比べてもかなり安かった。学校の帰りによくポテトチップス(英国流に言うとcrisps)やクッキー、ショートブレッドなどのお菓子を買って帰った。
 
 
夜、遊ぶときは「パブ→ナイトクラブ」というのが定番。パブと言えばビール。でも、ビールが苦手な自分は最初パブに行っても何を飲めばいいのかわからなかった。で、ホストファーザーに勧められて飲んだのが"Southern Comfort"というスピリットをレモネードで割ったもの。これが飲みやすくておいしかったので、パブに行ったときはこればかり飲んでいた。そしてナイトクラブではお決まりのテキーラ。酎ハイ1杯でも酔っぱらう自分にとっては信じられないけど、最高8杯くらい飲んだことがある。でも、そのくらい飲んでテンション上げないと、日本の田舎で育ってそれまでナイトクラブなんて行ったことのなかった人間が、ダンス慣れしている欧米人や中南米人と一緒に踊ることなんてできなかった。
 
 
と、留学生活の日常はこんな感じだった。今、思い返せば「もっと勉強しておけばよかった・・・」という後悔もあるけど、同時に「もっと遊んでおけばよかった。」とも思ったりする。
 

0 件のコメント: