広島県 福山市 尾道市 でFP (ファイナンシャル・プランナー)をお探しの方へ

Life Design Conciergeのウェブサイトはこちら

広島県 福山市 尾道市 のFP(ファイナンシャルプランナー)

2007/10/30

ガンに生かされて



最近公開された映画『Life 天国で君に逢えたら』の原作者でもある飯島夏樹さんのこの著書を読みました。飯島さんは元プロウィンドサーファーで、引退後36歳の若さでガン診断、38歳で余命宣告を受けながら、39歳で他界するまでに病床で3冊の著書を執筆しました。この作品は飯島さんが亡くなる瞬間までを綴った闘病記ですが、うつ病やパニック障害を経ながらも最終的にガンを受け入れ、ガンになったことで家族の大切さに気付き、「ガンになってよかった」とまで書いています。但し、そこに綴られた治療や日々衰弱していく飯島さんの体の様子は壮絶です。自分なら飯島さんのように強くなれるだろうか、希望を見出せるだろうかと考えさせられました。正直、そうなれる自信はありません。
生命保険の主な目的は「病気」と「死」です。病気なったときや、万一のことがあったとき、本人や家族の経済的なリスクを軽減するために保険があるわけですが、結局保険がカバーできるのは経済的なリスクのみです。実際そうなったときにはとてつもない精神的負担があるわけですが、それを取り除くことはできません。もちろん経済的な心配をすることの精神的負担を軽減するという側面はあると思いますが。
私は自分自身や身近な人にそういう経験がないので、正直その苦しみを実感したことはありません。でも保険を提供する立場として、実際に病気になった人や家族に不幸があった人の精神的苦痛に対する想像力は持っていなければいけないような気がしていたので、この本を手に取りました。もちろん本を読んだからといって、当事者の気持ちが本当に理解できるわけではないですが、それでもこの本は読んで良かったと思いました。
保険のCMやパンフレットを見ると、あたかも「保険に入っていれば病気になっても安心」ともとれるような表現がありますが、保険にできることは限界があること、当事者には経済的負担以上の大きな苦しみがあることは忘れずにいたいと思います。

2007/10/29

東京にて


先週は千葉の研修所で一週間みっちり研修だったので、その前後の週末を利用して東京で人と会ったり、色々なところへ行ってきました。
まず研修前日の日曜日は朝から有楽町へ。イトシアのクリスピー・クリーム・ドーナツに行ったのですが、まだ午前8時にも関わらず1時間20分待ちの行列!さすが人気店。でもせっかく来たし、特に急ぐ用事もなかったので読書をしながら行列に並んで、人気のドーナツをゲットしました。
その後、まだお店がオープンする前で人影もまばらな銀座を抜けて、汐留のイタリア街までぶらぶらと歩き、アーキテクトカフェのオープンテラスでコーヒーを飲みながら読書。そのときに撮ったのが上の写真です。
お昼は大崎に住む知人のご家族宅にお邪魔してランチをご馳走になり、夜は新宿で友人と飲みに行って、研修に備えて(?)しっかりと楽しんでおきました。
そして研修が終わった金曜日は、こんどは千葉の知人ご夫婦宅へ。まるで家族のようなご夫婦宅に泊めてもらい、翌日の土曜日は3人で表参道へ。あいにくこの日は大雨だったので、通りをぶらぶら歩くことはできませんでしたが、お洒落なカフェでランチを食べ、同僚の結婚式に出席する旦那様とは別れて、奥様と二人で表参道ヒルズ、そして品川のアクアスタジアムへ。デート(?)も満喫しました(笑)
こうして、研修ではしっかり勉強した分、遊びもしっかり楽しんできました。

2007/10/17

日本語ボランティア

市がやってる日本語ボランティアというのに登録して、スイス人の方に週1回日本語を教えることになった。今日がその回目のレッスン。
スタバでコーヒーを飲みながらのレッスンは「レッスン」とは言いながらもただの会話。基本はもちろん日本語だけど、分からない単語や言い回しは英語で説明する。まだ英語が口から出てくることに少し安心したけど、簡単な英単語がすぐに思い出せないことも・・・ブランクを実感しました。
そして、それよりも痛感したのは自分の日本語の下手さ。いざちゃんとした日本語を話そうとすると以外に難しい。。なんか気持ち悪い日本語になってしまってました。
でも相手のスイス人男性はとても勉強熱心で温和ないい人で、そんな私の下手な日本語と下手な英語の説明にもしっかり耳を傾けてくれました。
というわけで反省もありましたが、楽しい時間を過ごすことができて次回が楽しみになりました。

2007/10/14

旅行記 デュバイ(アラブ首長国連邦)


世界に唯一の7つ星ホテル、豪華な砂漠リゾート、パームツリーや世界地図の形をした巨大な人工島、完成すると800mを越えるという世界一の高層ビル・・・と最近何かと話題のデュバイ(アラブ首長国連邦)。

世界の建設用クレーンの3分の1がデュバイに集まっていると言われ、オイルマネーにものを言わせて派手な開発を行っているように見えますが、石油はいずれ枯渇することを見越し、石油に頼らずに国が発展していけるように観光、商業、物流、金融の拠点を目指してインフラを整備しているそうです。

デュバイにはマルタに行ったときのトランジットで1泊だけ立ち寄りましたが、確かに建設中の建物が目立ち、商業地区には高層ビルがたくさん立ち並んでいました。ショッピングセンターには高級ブランドのショップが揃っていましたが、ショッピングをするつもりはなかったので、イスラム風のファストフード店でケバブランチだけ食べました。

 
 
 
ゴールドスークも歩いてみました。まばゆい金製品を取り扱う商店が立ち並んでいましたが、思ったより地味(?)でした。




旧市街に行けば伝統的なイスラムらしい風情がありますが、それもエジプトやモロッコに比べたら小ぎれいです。
 
 
 

せっかくなので移動もできるだけタクシーは使わず、ローカルバスに乗ったり、クリークもアブラ(小舟)で渡ったりして、現地の空気を体感してみました。メディナジュメイラに行くときは降り場が分からず、バスを乗り過ごしてしまいましたが。








デュバイには高級ホテルがたくさんありますが、一人で贅沢はできないのでリヴィエラという小さなホテルに泊まりました。歩き過ぎて疲れ果て、夜はホテルに帰って食べたのですが、和食がメニューにあってビーフカツ丼がすごく美味しく感じたのを覚えています(イスラム国なので豚は食べないのでカツ丼もビーフでした)。






とにかくスケールの大きなもの、「世界一」がたくさんで、強烈な個性を持った都市です。但し、発展している都市特有のパワーは感じるのですが、上海のような慌しさは感じられず、どこかゆったりとした感じがあります。もちろん人口の違いもあるでしょうが・・・
 


 

2007/10/13

旧友との再会

今日は仕事の後に地元の旧友と久しぶりに再会した。お互い車とバイクなので、アルコール抜き&駐車場があるところがいいということと、特にお店にこだわったり気を遣う必要もないので、結局ファミレスで会うことに。
ずいぶんご無沙汰だったけれど会ってみるとそんな感じはせず、お互いの近況や地元の友達の様子、その他たわいの無い話などで笑いながら、リラックスした時間を過ごした。
建築の現場で働くその友人は、一級建築士の資格も取得したとのこと。子供の頃の記憶ではそんなに勉強熱心だった印象は全くないんだけれど(笑)
自分も今は色々な勉強をしている立場。その友人を見習って頑張ろうと思うとともに、彼には是非その努力と、一風変わった芸術的センスを花開かせてもらいたい!と思った今日の再会でした。

2007/10/10

30代突入

今日は30回目の誕生日です。ついに30代に突入しました。だからといって特に感慨深いものがあるわけでもないのですが、「節目の年」という感じがして、なんとなく身が引き締まる思いと、すがすがしさがあります。
カンブリア宮殿(テレビ東京)で、日本マクドナルドHDの原田泳幸社長が「20代は何でもやれ、30代で人生の方向を決めろ、40代で成し遂げろ」と言っていましたが、私の場合、30代一歩手前で人生の方向を決める決断をしました。そして今日30代に入ったわけですが、これからの10年間でその道筋をより確かなものにし、40代で何かを成し遂げられるようにしていきたいと思います。
今日は自宅で妻と息子に祝ってもらい、和やかで良い誕生日を過ごすことができました。

2007/10/07

理想のプランニング

保険というのは起こるかどうか分からない不確定な事態に備えるものなので、「完璧」、「絶対解」は無いと思っています。プランナー、コンサルタントは自分が最適と考えるプランを提案しますが、それが必ずしもベストと言い切れるものではなく(というかベストは存在しない)、最終的にはクライアント本人の考え方や心理的な作用に委ねるべき部分があるのではないかと。安心の基準も、損得の基準も人それぞれ違いますし。

なので、私個人の考えとしては「自分がよいと思うプランを提案した上で、一方でそのデメリットや別の考え方に基づいたプランなども示しながら、クライアント本人にしっかりと考えてもらって決めてもらう。プランナーはクライアント自身が考えるための情報を提供しながら、その人に合ったプランを“一緒に”考える。」というのが理想的なプランニングです。

しかし、そうなるとクライアントには曖昧な提案と受け取られたり、そもそも自分では考えたくない、考えるのが面倒という人もいるので、「ややこしい話はいいから一番いいと思う提案だけ出してよ」ということにもなりえます。

実際、自分で組み立てたプランを(言葉は悪いですが)正当化するロジックだけで説明して、クライアントの「納得」を得ているプランナーも少なくないと思いますし、それはそれでクライアントが納得しているのだからよいのかもしれません。でも、クライアント自身が「自分で考える」過程を省いてしまうと、その場では納得しても、しばらくすると忘れてしまったりして、結局「安心」にはつながらないことが多いのではないかと思います。

プランニングや提案の方法も絶対解はありませんが、自分が理想とするスタイルとそのときの状況、クライアントの特性をうまく合わせながら、クライアントに「納得」し、「安心」してもらえるプランニングを目指したいと思います。

2007/10/03

商品の時代

ポッキーの内容量が10/2発売分から80gから72gに10%減ったそうです。理由は原材料のカカオ豆や乳製品の高騰に加え、円安や原油高による影響とのことで、メーカーのコスト吸収も限界に達し、「原料価格の高騰は中長期的に続くと判断した結果」とのことです。

伝説的な投資家のジム・ロジャーズが数年前から商品相場に強気のシナリオを提示し、2年前にこのような著書も出していますが、やはり商品の時代が到来するのでしょうか?資源国でもなく、食料も輸入に頼っている日本に住む者にとっては大きなリスクになりうることだと思います。商品相場の高騰に加えて、もし今後さらなる円安に進むことがあれば、インフレ懸念もまた現実味を帯びてくるかもしれません。

ちなみに今回のポッキーは内容量を減らした分、価格は据え置いています。実質的には値上げですが、1箱当りの値段は以前と変わっていません。最近メタボ気味でダイエット宣言をしているにも関わらず、また財布の中は寂しいのにも関わらず、ついついお菓子を買ってしまう自分にとっては、値上げより内容量を減らす方が歓迎ですが。